2012年8月31日金曜日

「プットの買い」がイン・ザ・マネーになったら要注意、放っておくと自動的に株が売却されるそうです

プットのヘッジ(プットの買い)が権利行使日にイン・ザ・マネーの場合、自動的に権利が行使され、株が売却されるそうです。

出典:Options for Volatile Markets: Managing Volatility and Protecting Against Catastrophic Risk (Bloomberg Financial) より。
If your put hedge is in the money at expiration, for example, the new rules on automatic exercise will result in your put being exercised and your stock being sold.

 

原資産(株)を保有していて、プット・ヘッジをかけた場合、権利行使日にオプションがイン・ザ・マネー(ATM)だと、自動的に原資産の株が売却されてしまいます。
ちなみに、アウト・オブ・ザ・マネー(OTM)であればそのまま無価値(worthless)になります、放置して問題ありません。

確かに、イン・ザ・マネーであればオプションを購入している人の利益にはなるのでマイナスではないですが、自動的というのは要注意です。

プット・ヘッジ(put hedge)は特定の価格で株を売却するためにプット・オプションを購入する取引です。

プット・ヘッジ(put hedge)がイン・ザ・マネー(in the money)ということは、プットのストライクプライスが$60の時に、市場の株価が$50のという状態です。

プットオプションを行使して、市場の価格が$50の時にそれよりも高い$60で売却すれば利益になります。なので、自動的に売却されてもオプション購入者のマイナスにはなりません。
その様な理由から自動的に売却がされるのだと思います。

私は、いままでプットの購入(put long)をしていなかったのであまり勉強していませんでしたが、今後オプション取引を色々と増やしていく中で”プットの買い”という選択もあるのかなと思っています。意外とこういう特殊なルールを知らなかったりするので気をつけないといけませんね。

最近、「Options for Volatile Markets: Managing Volatility and Protecting Against Catastrophic Risk 」を読んでいます。”Volatile Markets”ということでプット・ヘッジの戦略など保守的な運用の解説が多いです。

この本、リスクの軽減のためにオプションを利用しようとしている人にはお勧めです。
リターンの追及のためにオプションを利用している人には少し物足りないかも知れません。

<参考にしている本>

2012年8月13日月曜日

Let's Firstrade ! レッツ・ファーストレード!の掲示板が参考になる


アメリカの証券会社(特にFirstrade)を利用している人は必読の掲示板です。

Firstrade関連で判らないことがあった場合、過去の履歴を検索すると解決策、ヒントが見つかることが多いです。

また、管理人さんがいつも丁寧に回答されている点も素晴らしいです。

ちなみに、大概の質問は過去の履歴にあったりするので、質問をする前に一度過去履歴を調べると良いと思います。
もし、過去の履歴でも全くヒットしないようであれば、かなりマニアック・専門的な質問だと思います。そういう質問はFirstrade(証券会社)に直接確認したほうが間違いがないでしょう。

私もFirstrade関連でわからないことがあると最初に情報を探すページになっています。

ネットが発達して、この様なマニアックでニッチな内容でも簡単に解決ができるようになったのは素晴らしいですね。その上、大概の情報が無料です!

きっと、こういうことがインターネット革命なんでしょう。
そもそも、アメリカの証券会社であるFirstradeと直接取引が出来るのもインターネットのおかげですし。

<参考にしている本>

2012年8月11日土曜日

「会社が嫌いになったら読む本」を読みました

会社が嫌いになったら読む本(日経プレミアシリーズ)
著者:楠木 新


評判が良かったので読んでみました。
とても丁寧に書かれていて、面白い本だと思います。
著者の真面目で誠実な性格がにじみ出ているような印象を受けます。
”会社中心の人生に迷いを感じている方”にとても参考になると思います。

特に面白いと思ったのは、正社員→契約社員へ雇用形態を変更した方の話でした。
雇用形態が変わっただけで会社に対する見え方が全く代わったとの事です。

いきなり会社を辞めて独立というよりもはるかに柔軟で現実的な対応だと思います。

私自身は組織で働くメリットは大きいと感じています。
投資やオプションを気ままに出来るもの給料収入があるからです。
フリーで働いていたら投資はしなかったかもしれません。

ちなみに、サラリーマンと投資は相性がいい組合せだと思います。

ということで、この本は結構現実的な解決策とかも書かれているので面白かったです。
また、脱サラで大道芸人、ちょうちん職人、ソーセージ屋、落語家、蕎麦屋になった人の話もとても興味深かったです。
私はそこまで大きくキャリアの舵を切ることは出来なさそうですが・・・。

<参考にしている本>


<関連投稿>
「クオリティー・オブ・ライフ=生活の質」を犠牲にしない投資
投資の目的は「自由時間の確保」
ぬこ氏が働くようです
Bライフと株式投資の相性って良さそう

2012年8月6日月曜日

キャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)とは

キャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)とは、
現金(キャッシュ)を保有しつつ、保有している現金内のプットの売りをするポジションになります。

具体的には、
現金100万円を保有している場合に、マイクロソフト株を100万円分売る権利を売るポジションになります。

要するに、特定の価格でマイクロソフト株を強制定期に買わされる権利を売ることで、プレミアムを得るポジションになります。

ちなみに、「キャッシュ・セキュアード・プット」は「PUT」のこと。CBOEサイトで「PUT」インデックスが紹介されていますが、キャッシュ・セキュアード・プットのことです。

過去のパフォーマンスを見る限り、キャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)の方がカバードコール(Covered Call)よりもリターンが優れています。

キャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)とカバードコール(Covered Call)は同じ損益図になります。株価が上がっても利益は一定、株価が下がったら損失無限大です。文章で表現すると、共に魅力がない戦略のように感じますが、実際には現物の株式と現金でリスクをヘッジしているので損失が無限大になる確率は低いでしょう。
「ダイム・ディケイによりオプションのプレミアムは確実に下がる」のとあわせて「オプションの権利が行使される確率が低い」ということで、オプションの売りは高い確率で低い利益となり、低い確率で大幅な損失となります。

注意点として、プット・オプション(put option)の方がコール・オプション(call option)よりも流動性が低いので、ローリング(ポジションの調整)をする際に希望の価格で約定しないことあります。取引をしていても、明らかにプットとコールでは流動性・約定に違いを感じます。

また、トレーディングでオプションプレミアムを稼ぐスタイルの運用では、キャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)の方が向いていると思います。ポジションを解消するさいの手数料や手間がカバード・コール(Covered Call)よりも簡単です。
キャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)のポジションを清算するためにはプットを買戻す(buy close)だけです。しかし、カバード・コール(Covered Call)の場合はコールを買戻す(buy close)取引し、その後に原資産の株式を売却する必要があります。
その分、取引回数が多くなり手数料も多くかかるうえに、原資産を保有していることによりリスクも増します。

カバードコール(Covered Call)の解説は日本語で多数見かけますが、キャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)についての解説は少ないですね。

上記の内容はHPにもまとめています「カバード・コールの始め方」。

<参考にしている本>