2014年7月21日月曜日

2014年7月17日 ウクライナの親ロシア派勢力がマレーシア航空機17便は地対空ミサイルで撃墜

ウクライナの親ロシア派勢力がマレーシア航空機17便は地対空ミサイルで撃墜したらしいとのニュースが7月17日(金)に流れました。

S&P500のチャートも急落しています。

どこが撃墜したかまだはっきりしていないようですが、マーケットは不測の事態が発生したということで大きく動きます。


こういう時はオプションをショートしていると辛いですね、
特にプットオプションのショートことキャッシュセキュアードプットのポジションはマイナスになることが多いので、ポジションを維持する精神的な負荷が大きいです。

ついつい怖気づいて早めに手仕舞いたいと思ってしまします。
特にレバレッジをかけてポジションを組んでいる場合はきついです。
キャッシュセキュアードプットでレバレッジをかける

突発的なブラックスワンがきてからポジションを調整することは不可能なので、
日頃からクラッシュが起きても耐えられるポジションを構築することが大切だと思います。
まあ、安心して寝られる程度のレバレッジにとどめておくのが無難でしょう。

<参考にしている本>

<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: