2014年7月28日月曜日

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え を読みました

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎 (著), 古賀 史健 (著)



 を読みました。

レビューが400件超えというのは凄いですね。
話題になっていたので、ついつい読んでしましました。

対話形式で読みやすいですが、内容はしっかりしているので面白いと思います。
フロイトとかユングよりも個人的にはアドラーの考え方の方が共感できます。

私は、「人間とは何か」という本も好きなんですけど何となく似ている気がします。


個人主義的な考え方とか。

株や経済の本ばかり読まないで、たまには他の分野の本を読むと面白いですね。


0 件のコメント: