2014年8月24日日曜日

今週のオプション取引 2014年8月18日~

今週の後半はバタバタしていてブログも更新できませんでした・・・

今週のオプション取引は

・EFAのキャッシュセキュアードプットをローリングアウト&ダウン

・IWMのキャッシュセキュアードプットをローリングアウト&アップ

・アルトリアグループ(MO)のターゲットバイイング

をしました。

EFAのキャッシュセキュアードプットをローリングアウト&ダウンですが、

ストライクプライスを下げて、オプションの期限を延ばしました。
長期のオプションをショートしていたのでタイムディケイの影響がプラスに働き、
ストライクプライスを下げてもプラスでした。



IWMのキャッシュセキュアードプットをローリングアウト&アップですが、

これは普通にストライクプライスを上げて、オプションの期限を延ばす取引です。
少し儲かったという取引ですね。



アルトリアグループ(MO)のターゲットバイイングですが、

MOは配当再投資の対象銘柄なので長期にコツコツと購入をしています。
ターゲットバイイングをするためにプットをショートしました。(ポジションはキャッシュセキュアードプットと同じですが、ターゲットバイイングは購入することを目的としている時にそう呼んでます。)

ターゲットバイイングをした直後に増配の発表があったので収益はプラスです。
ただ、プットのショートのつまらないところは、最大の収益はオプションをショートした分しか儲からないところにあります。
素晴らしいニュースを発表しても、初めに受け取ったプレミアム分しか儲かりません。
大きく儲けたいならば、コールのロングか株式のロングでしょう。


<参考にしている本>

<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

2 件のコメント:

九八六 さんのコメント...

>大きく儲けたいならば、コールのロングか株式のロングでしょう。

滅多にしませんが、イベントなどの値上がり益狙いでは、ちょっとだけプレミアム受取出来るシンセロング仕掛けたりします。ポジション持っている間は神経使いますけどw

ishi ppon さんのコメント...

相性が良いというか、詳しい業界があってイベントがある程度予想できる場合はコールのロングはかなり効率が良いと思います。

Leapsのコールのロングは思いのほか利益が上がったので驚いています。

個別株のコールのロングはまだ仕掛けたことがないんですよね。