2014年8月18日月曜日

先週のオプショントレーディング 個別株のオプションをほとんど処分

今週のオプショントレーディングですが、

個別株のオプションをほとんど処分しました。

個別株のオプションからの撤退を進める

一部、ターゲットバイイングを仕掛けているポジションはありますが、

キャッシュセキュアードプットとカバードコールはメジャーなETFである、

IWM、EFA、EEMを中心に取引をしています。


これらのETFのオプションを常にショートしていて、期限がきたら機械的にローリングしています。

これは全然面白くないですし、何だか仕事のような感じです。

私は株の長期保有が運用の基本なのでカバードコールもしますが、

トレーディングが主体の人はキャッシュセキュアードプットが良いと思います。

ポジションを手仕舞いするときの取引がシンプルで済みます。


また、趣味として一部トレーディングをしています。

メインの運用はインデックスの長期保有ですが、

トレーディングもゲームとして面白いと思うので額を決めて楽しんでいます。


ギャンブルとして捉えた場合、競馬やパチンコよりも遥かにテラ銭がすくなくて済みます。

最近はBPのキャッシュセキュアードプットを多めに仕掛けた投機をしたのですが、

こちらは失敗しましたね。



勝率が高いオプション戦略はこの本が参考になります。


実際に取引をするかはおいておいて、トレーディングの考え方はカバードコールやキャッシュセキュアードプットの取引に役立ちます。

どのトレーディングの本が特に参考になったというのはないんですが、有名な本で気に入ったのを読むと良いのではないのでしょうか。


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: