2014年9月6日土曜日

キャッシュセキュアードプットのポジションを大幅縮小

キャッシュセキュアードプットのポジションを大幅縮小しました。

いままで現金を確保しないでショートをしていたポジションがあまりに大きかったので少しレバレッジの比率を下げるため、

大幅にキャッシュセキュアードプットのポジションをバイバックして縮小をしました。

(キャッシュセキュアードプットをやめたわけではありません。)

キャッシュセキュアードプットは、原則は現金を確保したプットの売りになります、

どの本を読んでも現金を確保しないでの売りは推奨されていません。

私もアンカバードのキャッシュセキュアードプットはお勧めしません。(笑

ただ、キャッシュセキュアードプットは簡単に現金が手に入るので、ついつい過大にポジションを作ってしまいがちです。

私も上げ相場で調子にのってかなり大きなポジションをとっていたのでそれを縮小しました。

特に相場が好調な時に長期のプットを売ると、現金がすくに入る上にショートしたポジションもすぐに含み益になり、過大なポジションをとってしまいがちになります!

この辺りの資金管理、マネーマネージメントは信用取引でのトレーディングとかを参考にした方がいいのかもしれません。

私はバリュー投資&インデックス運用がメインなのであまりマネージメントに詳しくないんですよね。

キャッシュセキュアードプットのリスク許容度を定量的に把握する方法がわかればいいんですけど。

今読んでいる本ですが、個別株のキャッシュセキュアードプットなんかも書かれてい面白いです。


全部読み終わったらまた紹介をします。


<参考にしている本>

<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: