2014年9月27日土曜日

IWMのLDS(リープス・ダイアゴナル・スプレッド)をしました

IWMのLDSのポジションを取りました。

IWMの長期のコールをロングして、

それを原資産として短期のコールをショートしました。

LDS=リープス・ダイアゴナル・スプレッドになります。

本当は以前からロングをしていた長期のコールを売却して株を買おうかと思っていました。

ただ、最近は相場が下落していて、長期のロングコール(ディープインザマネー)が希望した価格で売却できませんでした。

しょうがないので、戦略を変更してコールをショートすることにしました。

カバードコールに似たポジションになります。

運用している資産があまり多くないので、細かくポジションを調整すると手数料ばかりかかりあまり合理的ではないなと思っています。

運用額が大きくない場合は、キャッシュセキュアードプットが良いと思います。

キャッシュセキュアードプットはプットをショートするだけなので、オプションを取引する回数が少なくて済みます。

リープス・ダイアゴナル・スプレッドは原資産をコールのロングとし、それにコールをショートしているので、オプションを取引する回数が増えます。

資産額が大きいのであれば、手数料を吸収できますが、あまり運用額が大きくないと手数料負けしてしまう場合があります。


<参考にしている本>

<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: