2014年10月6日月曜日

EEMのLEAPS キャッシュセキュアードプット

先週、EEMのキャッシュセキュアードプットを仕掛けました。

今回はリープスを利用したキャッシュセキュアードプットです。

当日のEEMのボラティリティがそこそこ高いことが判断の要因です。

あとは、少し資金の融通ができそうだったからです。


ここのところ、オプション戦略 カバードコールとキャッシュセキュアードプットは不発です、

緩やかな上昇相場が一番適しているので、

ダラダラした下げだとあまり収益が上がりません。


増田氏は、個人投資家にはLEAPSのキャッシュセキュアードプット(プットのショート)を勧めています。

勝率が高いからとのことです。

個人的にもこの意見には賛成なので、難しい相場ではあまり複雑なポジションを組むのではなく、シンプルにLEAPSのキャッシュセキュアードプット(プットのショート)しています。


「私はこうして投資を学んだ 改訂版」を読みました オプショントレーディングをしている人にはお勧めです




<参考にしている本>

<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: