2014年11月23日日曜日

BPのプットをバイバック

BPのプットをバイバックしました。


限月が11月22日のプットをショートしていましたが、

当日一気にプレミアムが下がったため、バイバックをしました。


個別銘柄のプットのショートは購入・長期保有をして良いと思っている銘柄だけに限定をしています。

実際にはバイバックをしないでそのまま購入をするということも多いのですが、

今回はプレミアムの下落額が大きかったのでバイバックをして新たにプットをショートする方針に変更しました。

タイムディケイでプレミアムが減価する割合は限月が近いほど大きくなります。限月ギリギリでバイバックをすることは理論的にはもっとも効率的です。


一般的にオプションの流動性は1~2か月先のものが一番高いです、またこの一番取引ボリュームの多いゾーンで勝負をしているのはプロが主体です。

個人でオプションをショートするのであれば、多少効率は落ちますがあえて限月が遠くてライバルが少ない、期間の長いオプションを選ぶというのもありだと思っています。(期間が長いオプションを取引しているのは個人投資家が多いです。)


感覚的ですが、期間が長いオプションを選んだ方が勝率が高い気がします。効率は落ちます。

逆に、期間が短いオプションは効率は良いですが、勝率が低いことが多いです。


期間の長いオプションをショートしてタイムディケイで収益を上げるという戦略はかなり勝率が高いと思いますし、取引のために難しい数式も覚える必要がありません。

デメリットとしては、他のオプション戦略よりも効率・リターンが低いことと、税金が不利というところですね。

バイアンドホールドを長期で行いキャピタルゲインをひたすら繰り延べる運用と比較すると格段に税金は不利です・・・


Firstradeも日本人の口座開設を再開したぽいので、しばらくコツコツとオプションでお金を稼ぐ予定です。

<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: