2014年11月30日日曜日

オプション取引 BP、MOのターゲットバイイングとIWMのキャッシュセキュアードプット

先週のオプション取引ですが、

ターゲットバイイングとキャッシュセキュアードプットをちょこちょことしていました。


ターゲットバイイングは、

 ・BPのターゲットバイイング(=プットのショート)

 ・MOのターゲットバイイング(=プットのショート)

ターゲットバイイングといっても、取引はキャッシュセキュアードプットと同じでプットのショートです。ただ、株を買うのを前提としている時にターゲットバイイングと読んでいます。


キャッシュセキュアードプットは、

 ・IWMのキャッシュセキュアードプットのローリングアウト&アップ

IWM(iShares Russell 2000 Index)のショートしていたプットを買い戻して、新たにストライクプライスを上げてプットをショートしました。

キャッシュセキュアードプットもプットのショートですが、株を保有しないでオプションの取引で利益を得ようとしている場合にそう呼んでいます。(個人的に勝手にそう呼んでいます。)



最近の相場は、石油銘柄以外は好調なので、ETFを利用してキャッシュセキュアードプット戦略は好調です。

石油銘柄の損失がポートフォリオの足を引っ張っていますが、分散投資をしていればそういうこともあります。ポートフォリオ全体で利益が出ていれば問題ないと考えています。
石油価格の下落で石油株が大幅安


最近は、カバードコールのポジションをあまりとっていません。カバードコールよりもキャッシュセキュアードプットの方が取引の回数も少なく、効率的なので、ついついキャッシュセキュアードプットをバイバックして株式を保有しない場合が多くなってしまいます。
理論的にはキャッシュセキュアードプットで株式を強制購入してカバードコールに移行するというのがお約束ではあるようですが。


Firstradeも日本人の口座開設を再開したぽいので、しばらくコツコツとオプションでお金を稼ぐ予定です。

<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: