2014年12月11日木曜日

オプション取引 EFA、EEMのキャッシュセキュアードプットをローリングアウト&ダウン

EFA、EEMのキャッシュセキュアードプットをローリングアウト&ダウンしました。 


具体的には、

EFA(iShares MSCI EAFE Index Fund)とEEM(iShares MSCI Emerging Markets Indx)

について、ショートをしていたプットを買い戻して、

新しく期間が長くてストライクプライスが低いプットをショートしなおしました。

キャッシュセキュアードのローリングアウト&ダウンになります。


ローリングアウトは、期間が長いオプションに置き換えること、

ローリングダウンは、ストライクプライスを下げたオプションに置き換えることです。


オプション戦略のメインはETFを対象としたキャッシュセキュアードとカバードコールです。

ETFであれば、個別のニュースに価格が左右されることもないので機械的な取引に向いていると思います。

キャッシュセキュアードとカバードコールは勝率は高いですが、必ず勝つというわけでもありません。2~3割の取引はマイナスになりますが、優位性があるので試行回数を多くして勝つ確率を高くすることがポイントだと思っています。

Firstradeも日本人の口座開設を再開したぽいので、しばらくコツコツとオプションでお金を稼ぐ予定です。

<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: