2014年12月21日日曜日

オプション取引 IWMのキャッシュセキュアードプットをローリングアウト&アップ

IWMのキャッシュセキュアードプットをローリングアウト&アップしました。 


具体的には、

IWM(iShares Russell 2000 Index)のショートしていたプットを買い戻して、

新しく期間が長くてストライクプライスが高いプットをショートしなおしました。

キャッシュセキュアードのローリングアウト&ダウンになります。


ローリングアウトは、期間が長いオプションに置き換えること、

ローリングダウンは、ストライクプライスを下げたオプションに置き換えることです。


今回は、ストライクプライスを上げていることもあり、収益はプラスの取引となりました。

オプション戦略の売りは構造的に儲かる確率が高い取引になります、

(オプションの売りでリスクが低いのは、カバードコールとキャッシュセキュアードプットになります。)

ひたすらコツコツと機械的に売買をして試行回数を増やすことが安定した収益につながります、

ポイントは感情に左右されないで淡々と取引をすることだと思っています。


個別の取引ではマイナスの収益になることもありますが、全ての取引を通して収益がプラスになっていれば良いと割り切っています。

Firstradeも日本人の口座開設を再開したぽいので、しばらくコツコツとオプションでお金を稼ぐ予定です。

<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: