2015年1月5日月曜日

オプション取引 IWMのキャッシュセキュアードプットをバイバック

IWM(iShares Russell 2000 Index)のキャッシュセキュアードプット(cash secured put)を、

ローリングアウト&アップしました。 



具体的な取引としては、

プレミアムが減価していた3月が限月のプットをバイバックをして、

新しく7月が限月のプットオプションをショートしました。

今回の取引の利益はプラスとなりました。

 (ローリングアウトは、オプションの期間を延ばすこと。)

 (ローリングアップは、ストライクプライスを上げること。)


iSharesのETFは流動性が高く、オプションも頻繁に取引されているので、

多少期間が長いオプションでもすぐに売買が成立するのは便利です。


IWMは上昇基調なので、

キャッシュセキュアードプット(cash secured put)は利益になりやすい戦略となります。


2014年からショートしているキャッシュセキュアードプット(cash secured put)には、

いくつか大きくマイナスになっているポジションもあります。

そろそろ調整をしなければなりません・・・。


ついつい、大きくマイナスになっているポジションを放置してしまうことがあります、

あまり良い傾向ではないので気を付けないといけません。


Firstradeも日本人の口座開設を再開したぽいので、

しばらくコツコツとオプションでお金を稼ぐ予定です。

<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: