2015年2月3日火曜日

オプション取引 EFAのキャッシュセキュアードプットをローリングアウト&ダウン

先週の中ごろに、EFA(iShares MSCI EAFE Index Fund)のキャッシュセキュアードプット(cash secured put)を、ローリングアウト&ダウンしました。 



ショートポジションを取った時よりも株価が下がっていたので、バイバックをして損失が出ました。

代わりに、新しいプットオプションをショートしているので、キャッシュは大きく減りませんでしたが、損失の先送りという感じですね。

これから株価が下落すれば、またバイバックしたときにマイナスになってしまいます。

 (ローリングアウトは、オプションの期間を延ばすこと。)

 (ローリングアップは、ストライクプライスを上げること。)

キャッシュセキュアードプットとカバードコールは収益になる確率が高いですが、

常に儲かるという戦略でもありません。


去年の後半くらい、正確には9月辺りからあまり調子が良くないです。大きな損失にはなっていませんが、収支はトントンという印象です。

全期間で評価すれば、プラスの収益になっているのですが、コンスタントにプラスになるという感じでもありません。

大きくプラスの月が2~3ヶ月続いて、その次はダラダラとマイナスの月が続くという印象です。

常勝の戦略はないので、リスクをしっかりと認識しつつ、コツコツと取引を継続することが大切でしょう。


<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: