2015年2月28日土曜日

オプション取引 EFA、EEMのキャッシュセキュアードプットの調整

EFA(iShares MSCI EAFE Index Fund)、EEM(iShares MSCI Emerging Markets Indx)のキャッシュセキュアードプットの調整をしました。

具体的には、EFA、EEMのキャッシュセキュアードプットのローリングアウト&アップ(ダウン)です。

ショートしていたプットオプションを買い戻して、新しく高いストライクプライスでプットをショートしました。

最近は相場が上昇基調なので、キャッシュセキュアードも好調です。

ただ、今回の調整でストライクプライスを上げているので、今後株価が大きく下げると損失になるかもしれません。

上昇相場でポジションを調整するかぎり、ストライクプライスがだんだんと上がってしまうというリスクは常にあります。

ソフトランディングする方法としては、緩やかな下落相場で少しずつポジションを解消していく方法があります。

大幅な下落相場になると、強制的にハードランディングとなり結構精神的にしんどいですね。


<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: