2015年2月26日木曜日

オプション取引 IWMのキャッシュセキュアードプットの調整

IWMのキャッシュセキュアードプットの調整をしました。

具体的には、IWMのキャッシュセキュアードプットのローリングアウト&アップ(ダウン)になります。

ショートしていたプットオプションを買い戻して、新しく高いストライクプライスでプットをショートしました。

ルーティーンワークのように、期間もしくは事前に決めている収益を達成したら、機械的にポジションを調整しています。

アメリカ株はかなり高値ではないのかなと思っているのですが、思いのほか上昇を続けています。

IWMのキャッシュセキュアードプットも好調ですが、好調が続くと大体その後にマイナスが続きます。

経験則ですが、好調な相場が続けば続くほど、その後の不調が大きくなるので少し不安です。

ただ、マーケットタイミングを予想することはできないと考えているので、機械的に取引をする予定です。

少し不安だと思う時は多少効率を犠牲にしてでも、レバレッジを減らすなどしてリスクを減らすことが重要だと思っています。


<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: