2015年5月18日月曜日

Health Care SPDR(XLV)のキャッシュセキュアードプット

Health Care SPDR(XLV)のキャッシュセキュアードプットをしました。

具体的には、Health Care SPDR(XLV)のプットオプションをショートしました。

Health Care SPDR(XLV)は、S&Pヘルスケア・セレクト・セクター指数の値動きと利回りに、経費控除前で概ね連動する投資成果を上げることを目標としたETFです。


iShares S&P Global Consumer Staple(ETF)にしようか悩んだのですが、オプションの取引量はHealth Care SPDR (ETF)の方が多かったので、XLVを選びました。

iShares S&P Global Consumer Staple(ETF)は、グローバル企業

Health Care SPDR (ETF)は、アメリカ企業

を対象としています。


5年間のリターンはHealth Care SPDR (ETF)の方が良いです。

まあ、リターンを追及するというよりかは、ETFの流動性が高くて、オプションの取引量が多い方が良いというのがXLVを選んだ主な理由ですね。


<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: