2015年5月25日月曜日

Leaps IWM、EFA、EEM キャッシュセキュアードプットの取引

Leaps キャッシュセキュアードプットの取引をしました。

IWM、EFA、EEMに対してLeaps キャッシュセキュアードプットのポジションをとっています。

具体的には、IWM、EFA、EEMのプットをショートしています。

IWM 01/20/2017 124 Put short

EFA 01/20/2017 68 Put short

EEM 01/20/2017 42 Put short

1年を超えるLeapsの取引はあまりしたことがないので、上手くいくかはこれから実験ですね。

Leapsを取引しているのは素人(個人投資家)が多く、ショートの勝率が高い傾向があるそうです。

ただ、かなり流動性が低いので、こちらが希望した金額でなかなか取引が成立しないのがデメリットです。

あと、年率のリターンで換算するとかなり効率性は落ちます。

効率性で考えると、短期であれば短期であるほどリターンは上がります。

たぶん、この辺りの理由でプロは1~2か月のオプションをメインに取引しているのだと思います。

1年を超えるLeapsは現金の絶対額は大きいのですが、年率のリターンがかなり低いのであまり魅力的ではないのでしょう。

1年ほどのLeapsのキャッシュセキュアードの勝率はかなり高かったので、今回はさらに長いLeapsのショートに挑戦してみます。

※勝率は高いですが、利益率は低かったんですが・・・



<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: