2015年7月4日土曜日

Today's Most Active Options ETF 2015/7/2

2015/7/2の、Today's Most Active Options ETF です。

詳細はココになります。



SPY
IWM
VXX
QQQ
FXI
EEM
USO
ASHR Deutsche X-Trackers Harvest CSI 300 China A-Shares ETF
XLF
GLD
EFA
UVXY
SLV
TLT
HYG
GDX
DIA
TBT
IYR
XLI

取引量が多い、流動性が高いオプションは効率的・合理的に値付けがされていることが多いので、キャッシュセキュアードプットやカバードコールをするのであれば、そのようなETFを対象にオプションを売買するのがおすすめです。

このランキング上位のETFを対象としたオプションであれば、流動性は問題ないと思います。


最近は、ギリシャのEU離脱の可能性や、国民投票でゴタゴタしていますが、ランキングに登場している銘柄はいつもと同じですね。

だいたい、このあたりのETFのオプションが主に取引されているようです。


私はショートポジションが多いので、今回のようにボラティリティが大きな相場だと結構評価損が出て辛いです。

まあ、じっと耐えるしかありませんね。しばらくしてまたボラティリティが下がってくれれば、そのタイミングでポジションを調整しようと思います。


<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: