2015年8月15日土曜日

2015/8/10~2015/8/14のオプション取引 IWM、EFAのキャッシュセキュアードプット

2015/8/10~2015/8/14のオプション取引ですが、

IWM、EFAのキャッシュセキュアードプットのポジションを調整しました。

この週は、中国の大幅な通貨切下げもありマーケットは混乱していました。

キャッシュセキュアードプットの収益はギリギリプラスでしたが、もう数週間前でマーケットが上がり調子であれば、もっとリターンが高くなっていたと思います。

今回、ボラティリティが大きくて不利な相場でもギリギリプラスの収益が確保できたポイントとしては、オプションをショートしていた期間が長く、タイムディケイの効果が有利に働いたことが大きいです。

オプションは、原資産の動きにかなり収益が左右されるので(今回はIWMとEFAの株価ですね。)、少し株価が上下しただけで、オプションの収益はかなりブレが出ます。

また、レバレッジが簡単にきかせられるというのも、オプションの特徴ですね。

相場が、想定通りに動いている時は、レバレッジがプラスに働きリターンが良くなるのですが、想定外の方向に動き出すと損失が一気に拡大するという危険があります。

オプションを取引するときはレバレッジに細心の注意を払うべきなのですが、調子が良くてリターンが良い時はついついレバレッジをかけすぎてしまう時があります。

ということで、あまり調子にのってレバレッジをかけすぎないようにしてコツコツとオプションで小銭を稼いでいこうと思います。


KAPPAさんの本がそろそろ出版されるみたいです、

東大卒医師が実践する 株式より有利な科学的トレード法 単行本 – 2015/8/27
楽しみですね~

正直、インデック運用はかなり有効な投資法だと思いますが、あまり勉強したり改善をするポイントはありません。要は、バイアンドホールドしてるだけですし・・・

インデック運用のマニアックな勉強をするよりも、オプションを取り入れた方が遥かにリターンの改善につながると思います。


<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: