2015年8月20日木曜日

EEM(iShares MSCI Emerging Markets Indx)のカバードコール

EEM(iShares MSCI Emerging Markets Indx)のカバードコールとポジションの調整をしました。

以前にショートしていたEEMのコールをバイバックして、ストライクプライスを下げて新たにコールをショートしました。

カバードコール単体で見れば利益が出ていますが、原資産であるEEMの値下がりが激しいので全体で見たらマイナスかもしれません。

最近、新興国の相場が大きく下げているので、しばらく我慢が必要かもしれませんね。


KAPPAさんの本がそろそろ出版されるみたいです、

東大卒医師が実践する 株式より有利な科学的トレード法 単行本 – 2015/8/27


 楽しみですね~

正直、インデック運用はかなり有効な投資法だと思いますが、あまり勉強したり改善をするポイントはありません。要は、バイアンドホールドしてるだけですし・・・

インデック運用のマニアックな勉強をするよりも、オプションを取り入れた方が遥かにリターンの改善につながると思います。


<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: