2015年10月23日金曜日

2015年11月1日(日)からアメリカ市場のサマータイムが終了

2015年11月1日(日)から、米国市場におけるサマータイムの適用が終了して、標準時間に移行します。

今までは日本時間の、

 午後10時30分~午前5時00分まで(日本時間)

が取引時間でしたが。


2015年11月1日(日)からは、

 午後11時30分~午前6時00分まで(日本時間)

が取引時間となります。


個人的には午後10時30分から取引できるのは凄く助かるので、毎年サマータイムが終わるのは辛いです。

大体、市場が開いてから30分~1時間程度は上げ下げが激しいので、少しまって11時半くらいから取引をしています。

特にオプションの取引は30分程度待たないと取引が活発になりません。感覚的に最初の10分位は取引があまり成立していない気がします。

サマータイムが終了すると、11時30分からスタートになり、相場が落ち着くのを待っていると12時を過ぎてしまいます。

12時過ぎまで起きていると少し寝不足になるので、サマータイムが終了してしまうのは残念でなりません。

0 件のコメント: