2015年10月19日月曜日

IWM、EFA、EEMのキャッシュセキュアードプットの調整

IWM、EFA、EEMのキャッシュセキュアードプットの調整をしました。

今回は、期間と利益の関係から1週間程度で調整をしました、あまり頻繁に調整をしているとコストがかさむので注意が必要です。

基本は、3ヶ月先のオプションをショートしていて、残りが2ヶ月になったらバイバックをして再度3ヶ月先の限月に延ばしています。

個別株の運用をやめて、ETFのみのポートフォリオにしたのでオプションの取引回数が多くなりそうです。

個別銘柄選択によるαには期待ができなくなったので、く「オプショントレーディング」=「カバードコール&キャッシュセキュアードプット」を利用することで、少しでもαの追及をしたいところです。

長期で見れば節税を主眼に置いたETFのバイ&ホールドが効率的だと思いますが、あまりにも退屈なのでデリバティブトレーディングを取り入れています。

0 件のコメント: