2015年12月30日水曜日

2015年 オプションのリターンを総括(カバードコールとキャッシュセキュアードプット)

2015年 オプションのリターンをざっくりと計算しました。

大雑把に計算をすると、+2.75%ほどの年率リターンがありました。

なお、2015年は個別銘柄へのキャッシュセキュアードプットやLDS(リープスダイアゴナルスプレッド)やレバレッジかけた取引もしていたので、インデックスに対して単純にカバードコールとキャッシュセキュアードプットをしていたわけではありません。

色々と細かい点は違いがありますが、私がベンチマークとしているのはIWM、EFA、EEMのインデックスになります。



IWMの年率リターンは、-4.74%

EFAの年率リターンは、-2.54%

EEMの年率リターンは、-16.58%

上記のETFに均等に投資をした場合の年率リターンの概算は-7.95%となります。


単純にインデックスに投資をしていた場合はマイナスでしたが、オプション戦略(カバードコールとキャッシュセキュアードプット)を併用することで、リターンがプラスになったのは上出来ではないかと思っています。

主観を排して、かなり機械的に投資をしていますが、そこそこ上手くいっているので2016年もこの調子でコツコツとオプションを併用して投資をしていくつもりです。

個別銘柄のファンダメンタル分析をするよりも、オプション戦略(カバードコールとキャッシュセキュアードプット)の方が遥かに時間がかからないで、リターンも向上しやすいと思います。

まあ、カバードコールとキャッシュセキュアードプットは上値が限定されているので大きく儲けることは難しいですが、その反面で利益になる確率は格段に高いです。

インデックス運用 ⇒ オプション戦略 ⇒ 個別株投資(ファンダメンタル分析)

というのが投資に取り組む順番としては効率的だと思います。

また、オプションをするのであれば、KAPPA氏の本がお勧めです。オプションを利用したからといい必ず儲かるというわけではありませんが、効率的に高確率でインデックス運用を補完することができる戦略だと思います。


<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

2015年12月29日火曜日

オプションの雑所得 必要経費にAmazonポイントを利用した場合

オプションの雑所得ですが、

オプションの取引に必要な書籍や文房具などを購入した場合は、その費用を必要経費として雑所得から差し引くことが可能だそうです。

また、必要経費(書籍や文房具の購入費)にAmazonポイントを利用した場合ですが、アマゾンポイントを利用した部分も費用として認められるようです。


例として、1,000円のオプション関連の本を購入したときに、

700円はクレジットカード(現金)で、もう300円はアマゾンポイントで支払いをした場合、

700円の必要経費がかかったのではなく、1,000円の必要経費がかかったとして確定申告をして良いらしいです。

(ちなみに、商品を購入してポイントがついた場合は、そのポイントを収入として申告しないといけないそうです・・・)

また、海外の証券会社を利用して得たオプションの収入については、確定申告が必須です。


※最終的な判断は所管の税務署に確認して下さい。上記の内容はあくまで私が確認した範囲の情報です。

2015年12月25日金曜日

2015/12/25 Christmasでアメリカ市場は休み

2015/12/25 Christmasでアメリカ市場は休みです。

今年ももう終わりですし、何となくトレーディングという気分でもないですね。

オプションのポジションの調整はほとんど終わっているので、年明けにまたコツコツとトレーディングをしようかと思っています。

インデックス運用はいつも通りほとんどすることがないので、ひたすら積み立てるだけです。

2015年12月23日水曜日

EFA(iShares MSCI EAFE Index Fund)のキャッシュセキュアードプットの調整

先日、EFA(iShares MSCI EAFE Index Fund)のキャッシュセキュアードプットの調整をしました。

3ヶ月先のプット・オプションをショートしていて、1ヶ月が経ち残り2ヶ月となったので、また3ヶ月先の期限にポジションを調整しました。

11月下旬にポジションを建てたので、約1ヶ月で調整をしています。

EFAは、IWMやEEMに比べるとオプションのに取引量が少なく、流動性も低くなります。少しトレーディングがしにくいです。

今回は、EFAの株価が下落しているのでバイバックは大幅な損失となりました。

キャッシュセキュアードプットは利益になる確率が高いですが、原資産のETFが値下がりをすると損失が意外と大きくなるので注意が必要です。
(まあ、オプションの損失がどうしても嫌ならば、権利行使をされて株式を購入すれば、損失にはなりません。)

オプション関連の投稿が多いですが、資産運用の基本はインデックスファンドのバイアンドホールドです。


<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

2015年12月19日土曜日

「はじめてのビットコイン」を読みました

「はじめてのビットコイン」を読みました。

内容紹介
2013年から朝日新聞、日本経済新聞の記事にも取り上げられ、「マウントゴックス騒動」で日本中の注目を集める「仮想通貨」ビットコイン。キプロス危機で注目を集めたこの新たな貨幣システムは、国や規制にしばられない、これからの新たな貨幣のあり方を示している。既存の貨幣に不安がある時に人気を集めた「金」のように、電子マネーとしてだけではなく、資産運用のための投資商品としても考えられるビットコインのすべてを、基礎の基礎から解説。
内容(「BOOK」データベースより)
マウントゴックス破たん…それでも死なない理由。全世界注目の新しい仮想通貨は本当に安全なのか?しくみと関連するサービスをわかりやすく解説。
著者について
2013年3月より暗号通貨の研究を開始。
現在、チームでさまざまな暗号通貨事業のコンサルティングを行っている。近未来を予測した計画を次々と計画中。
監修:佐々木健二
日本初のマイニング会社を設立。
 ビットコインのお勉強ということで、初心者でもわかりそうな本を読んでみました。

本当にビットコインについての知識がなかったので、これくらい初級の本でないと理解できませんでした。

また、この本を読んで取引を始めようという気にはなりませんでしたが、「ビットコインって何なの?」というレベルの人にはこれくらいわかりやすい本がいいと思います。
(私自身もビットコインの知識は全くありません。)

海外での資産運用とビットコインとかを組み合わせることで、税金が合理化できたりすると面白いんですけどね。

日本の法整備が追い付く前にある程度知識を得ておくというのは悪くないのではないかと思い、勉強を始めました。

2015年12月18日金曜日

「食べる世界地図」を読みました

「食べる世界地図」を読みました。


内容紹介
グルマン世界料理本大賞2015 
UK「食の紀行」部門グランプリ受賞!
『食べる世界地図』は、好奇心に富んだ食いしんぼうのための本である。
南インドのココナッツ・フィッシュカレー、刺激的なペルーのセビチェ(魚介のマリネ)、
レバント地方の茄子のペースト、デンマークのドリーム・ケーキ……。
名前だけでも食欲を刺激する料理の数々に、塩漬けタラや唐辛子といった
多くの国に共通する食材の秘密、移民がもたらす影響と変化。
地理と歴史が複雑に絡み合う食文化の世界を読みとく、極上の食辞典。
最後に行った旅行を思い出してほしい。
いちばんよく覚えているのは、どんなことだろう。
私と同じタイプの人なら、食べたもののことが真っ先に頭に浮かぶはずだ。
マドリードで気だるい日曜日につまんだ、
しっとりとした黄金色のトルティージャ(じゃがいものオムレツ)。
テルアヴィヴで朝食に食べた熱々のシャクシュカ。
ウィスタブルの海辺で殻からじゅるっとすすった牡蠣。
それぞれの場所で見聞きしたものの記憶は、
時が経つにつれてぼんやりと色あせてくる。
ところが料理の記憶となると、いつまでも色あざやかなままだ。
【著者】ミーナ・ホランド/Mina Holland
フードライター。
現在、『オブザーバー・フード・マンスリー』紙の外部編集者を務める。
世界各国を旅行し、また暮らした経験をもとに世界中の食習慣を探究し続けている。
本書は著書第一作目。
投資とは全く関係ない本の紹介です。

イギリスのフードジャーナリストのエッセイです。
本はかなり厚いですが、シンプルで楽しい話題が多く、軽い語り口なので、とても読みやすいです。

有名な小説の料理に関する抜粋や、ワインの蘊蓄、国の歴史とかとか、食と歴史にまつわる蘊蓄が好きで、本が好きな人にはお勧めですね。

ワインでも飲みながらゆっくりとこの本を読んでいると、とても楽しめます。

レシピもついているので、料理が好きな人にも良いでしょう。
(まあ、かなりざっくりしたレシピなので、このレシピだけで異国の全く知らない料理をしっかり作れるかは疑問です。ある程度その国の料理に対する知識があれば作れそうです。)

ここで紹介されている、トマトソースの作り方は一度トライしてみたいですね~。

投資も楽しいですが、人生にはそれよりも楽しいことが沢山あるので、インデックス運用で手抜きをしなが運用するのが楽だと思います。

2015年12月14日月曜日

【ポートフォリオ】2015年12月14日 ポートフォリオ

私の運用は、

・ETFを利用したインデックス運用(メインの運用)

・デリバティブ(カバードコールとキャッシュセキュアードプット)

ポートフォリオの主力は、
 VB Vanguard Small-Cap
 VGK Vanguard European
 VWO Vanguard Emerging Markets

デリバティブからの現金(キャッシュ)を再投資するポートフォリオの構築を目指しています。

今月は先月とポートフォリオの保有銘柄は全く変わっていません。オプションのポジションは変化しています。


デリバティブは、

ETFを対象にカバードコールとキャッシュセキュアードプットを仕掛けています。現在は少しだけレバレッジをかけています。

本業がある人(サラリーマンとか)でも、オプショントレーディングは特に問題なくできると思います。KAPPA氏の本がお勧めです。

多分個人投資家と相性がいい戦略はカバードコールとキャッシュセキュアードプットでしょう。(手間が少なくて勝率が高い、当然マイナス面としては収益性が劣る。)

オプションに興味のある人はFirstradeが利用しやすいと思います。
(インタラクティブ・ブローカーズ証券も個人投資家には人気があるようですが、私は利用していません。)

朗報 Firstradeが日本人の新規口座開設を開始した様子


私が利用している日本の証券会社はSBI証券です。

ネット専業で手数料が安いお勧めの大手証券会社は、SBI証券、マネックス証券、楽天証券です。外国株式手数料は3社ともほとん同じですが、為替の手数料などは微妙に異なるようです。
(正直、大手3社ならどこも似たり寄ったりで一長一短あるので、ここを選んでもあまり違いがない気もします。)


投資をしていて、つい熱くなることがあると思いますが、そんな時はこの本が頭を冷ましてくれます。個別株に大きく突っ込んでみたくなったときは、この本を読むと冷静になります。

投資が趣味でない人は、この本を熟読してコツコツとインデックスファンドの長期間投資をするだけでそれなりの成果が得られると思います。単発でインデックスに勝利することはあると思いますが、コンスタントに長期間インデックスに勝つ&個別株投資で大きな損をしないというのは難しいと思います。



【日本株式】
なし

【外国株式 先進国・新興国】
VB Vanguard Small-Cap
VGK Vanguard European
VWO Vanguard Emerging Markets

【セクター別投資】
XLV Health Care SPDR

【オプション ~カバードコール・キャッシュセキュアードプット~】
EEM 01/20/2017 42.00 Put short
EEM 02/19/2016 35.50 Put short
EEM 03/18/2016 36.00 Put short
EFA 01/20/2017 68.00 Put short
EFA 02/19/2016 61.00 Put short
EFA 06/17/2016 65.00 Put short
IWM 01/20/2017 124.00 Put short
IWM 03/18/2016 119.00 Put short
IWM 06/17/2016 119.00 Put short
XLV 03/18/2016 69.00 Put short
XLV 03/18/2016 71.00 Call short
XLV 03/18/2016 72.00 Put short



<関連投稿>
現実的な運用利回り・リターンを目指す
【ポートフォリオ】2015年11月4日 ポートフォリオ
【ポートフォリオ】2015年10月17日 ポートフォリオ
【ポートフォリオ】2015年9月23日 ポートフォリオ
【ポートフォリオ】2015年5月5日 ポートフォリオ
【ポートフォリオ】2015年4月6日 ポートフォリオ
【ポートフォリオ】2015年3月2日 ポートフォリオ
【ポートフォリオ】2015年1月12日 ポートフォリオ
【ポートフォリオ】2014年12月6日 ポートフォリオ

2015年12月13日日曜日

「メキシコ麻薬戦争: アメリカ大陸を引き裂く「犯罪者」たちの叛乱」を読みました

「メキシコ麻薬戦争: アメリカ大陸を引き裂く「犯罪者」たちの叛乱」を読みました。



内容(「BOOK」データベースより)
メキシコとアメリカの歴史的な関係を背景に、近年のグローバル化と新自由主義の進展のひずみの中で急拡大した「メキシコ麻薬戦争」の内実を、綿密な調査に基づき明らかにするルポルタージュ。米墨国境地帯で麻薬取引と暴力に依存して生きる「ナルコ(麻薬密輸人)」たちに密着し、犯罪者たちの生活や文化、彼らを取り巻く凄惨な暴力の実態を明らかにすると同時に、世界各地で注目されている「麻薬合法化」の議論など、問題解決に向けた方向性も指ししめす。
著者について
ヨアン・グリロ
2001年より、『タイム』誌、CNN、AP通信、PBS News Hour、『ヒューストン・クロニクル』紙、CBC、『サンディ・テレグラフ』紙など国際メディアに、ラテンアメリカに関する報道を行ってきた。軍事作戦、マフィアによる殺人、コカイン押収などについて報道し、麻薬戦争について2人のメキシコ大統領、3人の司法長官、アメリカ合衆国大使らと議論した。イギリス出身、メキシコシティ在住。本書は彼の最初の著書である。
本書は、オーウェル賞にノミネートされ、ロサンゼルスタイムズ・ブックフェスティバルで最終選考に残り、BBCラジオ4の「今週の本」に選ばれた。

投資とは関係ありませんが、メキシコの麻薬組織、政府とカルテルの戦いを理解するのにはいい本だと思います。

“戦争”とありますが、“武装蜂起”という方がこの本が書きたいニュアンスとは合う気がします。
(カルテルの武力が強くなり、一部で政府の役割を侵食しているというのが本質的な問題です。)

ちなみに、映画『ボーダーライン』(原題はシカリオ)が2016年4月に公開されるそうです。
こっち系の映画が好きな人は、事前にこの本を読んでいるとかなり背景の理解ができると思います。

あと、アメリカやラテンアメリカでソフトドラッグの解禁が進んでいますが、中南米の麻薬問題が背景にあるようです。

また、あとがきに書いてありますが、メキシコのカルテルが行っている凄惨で残酷な拷問の詳細は日本語版ではかなりカットしているとのことでした。

2015年12月6日日曜日

IWM(iShares Russell 2000 Index)のキャッシュセキュアードプットの調整

先週はIWM(iShares Russell 2000 Index)のキャッシュセキュアードプットの調整をしました。

3ヶ月先のオプションをショートしていて、1ヶ月が経ち残り2ヶ月となったので、また3ヶ月先の期限にポジションを調整しました。

IWMはETF、オプション共に取引量が多いので、流動性も高く、トレーディングがしやすいです。

タイムディケイでオプションのプレミアムは減価しているので、今回の取引はプラスの収支となりました。

感覚的に、半月でオプションの価値が半減しているという感じです。(ショートしているので価値が半減していると収益はプラスです。)

キャッシュセキュアードプットのほうがカバードコールよりも取引もしやすく、プラスになることが多い気がします。

最近は、カバードコールよりもキャッシュセキュアードプットの方がメインの戦略になっています。

オプション関連の投稿が多いですが、資産運用の基本はインデックスファンドのバイアンドホールドです。

今週中にはVB(Vanguard Small-Cap Index Fund)の追加購入をしたいと考えています。

<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)