2016年3月29日火曜日

先週はIWMのキャッシュセキュアードプットのポジションを調整

先週は、IWM(iShares Russell 2000 Index)のキャッシュセキュアードプットのポジションを調整しました。

4月が限月のオプションを5月に延ばしました。

ショートしていたプットオプションを一度買い戻して、期限が長いプットオプションを再度ショートしなおしました。

今回のトレードは利益が出ました、最近は相場が上昇基調なのでキャッシュセキュアードプットには相性がいいです。

もう少し粘って利益が増えてからポジションを調整するという選択もあったのですが、ストライクプライスと株価があまり離れると、ビットとアスクの差が開き、効率的な値付けがされにくくなります。

ということで、今回は株価とストライクプライスが近い状況で早めにトレーディングをしました。


<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: