2016年4月20日水曜日

XLVのオプションのポジションを調整

XLV(Health Care SPDR)のオプションをトレーディングしました。

XLV(Health Care SPDR)の、キャッシュセキュアードプットとカバードコールのポジションの調整

最近はXLVの株価が堅調なので、キャッシュセキュアードプットは収益、カバードコールは損失、両方のポジションを合わせるとプラスの取引となりました。

ショート分のオプションを買い戻して、改めて期限が長いポジションをショートしています。

XLVのオプションはあまり取引量が多くないので、ビットとアスクの値段が離れていたりして、あまり効率的な値付けがされていなさそうなところが少し難点です。

とりあえず、当初決めたルールに従い、淡々と機械的に取引をしています。

今のところは機械的なトレーディングでまあまあ上手くいっているので、これからもあまり欲をかかないでコツコツと取引をしていくつもりです。


<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: