2016年5月21日土曜日

EEMのオプションのポジションを調整

EEM(iShares MSCI Emerging Markets Indx)のオプションをトレーディングしました。

EEM(iShares MSCI Emerging Markets Indx)の、キャッシュセキュアードプットのポジションの調整しました。

1ヶ月ほど前にショートをしていたポジションのバイバックと新しいプットオプションのショートになります。

株価が下落していたので、大幅な損失となりました。

限月、期間が短いオプションは想定通りの方向に株価が動けばリターンが非常に良くなりますが、短期間で大幅に株価が下落したりすると、一気に大損をします。

特に大きい株価下落のニュースなどはなかったのですが、ダラダラと株価が下がる相場だったので、結果的に大幅なマイナスになってしまいました。

心機一転、ストライクプライスを下げてオプション取引を続けます。

2016年は通算で損失が出ているので、せめてプラスの成績を残したいと思っています。

オプション取引は雑収入にあたり、損失の繰り越しができないので、税金面を考えてもプラスになっている方がお得です。


<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: