2016年6月16日木曜日

EEMのオプションのポジションを調整

先週、EEM(iShares MSCI Emerging Markets Indx)のオプションをトレーディングしました。

EEM(iShares MSCI Emerging Markets Indx)の、キャッシュセキュアードプットのポジションの調整しました。

色々とバタバタしていてタイムリーに更新ができませんでしたが、プットオプションをバイバックして新しく期限がながいプットオプションを売り(ショート)ました。

ポジションが60%のプラスとなったので、ポジションを調整しました。

8月の限月を9月に延ばしました。

本来であれば、7月になってから取引をしてもいいのですが、ポジションの収益が+60%以上になった場合は、機械的に限月を延ばすか、ストライクプライスを上げるという調整をすることが多いです。

なお、限月が残り1ヶ月未満となった場合は、収益に関係なくポジションを調整しています。


<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: