2016年6月22日水曜日

EFA、EEMのオプションのポジションを調整 キャッシュセキュアードプット

先日、EFA(iShares MSCI EAFE Index Fund)とEEM(iShares MSCI Emerging Markets Indx)のオプションをトレーディングしました。

EFA(iShares MSCI EAFE Index Fund)とEEM(iShares MSCI Emerging Markets Indx)の、キャッシュセキュアードプットのポジションの調整しました。

ともに7月が期限のプットオプションをショートしていたのですが、その期限を延ばしました。

トレーディング時の評価は10%程度のプラスでしたが、期限が短くなってきていたので、機械的にトレーディングをしています。

(もう少し粘れば収益を上乗せできた気もしますが、あまり無理はしませんでした。)

イギリスのEU離脱の話題もあるので、短い期限のポジションを持っていたくないというのもあります。

イギリスがEUを離脱するかどうかは現時点で未知数ですが、仮に相場が大幅に下落した場合に、1か月程度の短い期間でリカバーするのは難しいと思います。


<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: