2016年6月14日火曜日

XLVのオプションのポジションを調整

先週、XLV(Health Care SPDR)のオプションをトレーディングしました。

XLV(Health Care SPDR)の、キャッシュセキュアードプットのポジションの調整しました。

色々とバタバタしていてタイムリーに更新ができませんでしたが、XLV(Health Care SPDR)のプットオプションをバイバックして、新しく期限が長いプットオプションを売り(ショート)ました。

先週取引を時点では上げ相場でしたので、結構利益が出ていましたが。

(ブログを書いている現時点では下落相場になっています。)

XLV(Health Care SPDR)については、実験的にキャッシュセキュアードとカバードコールをしています。

XLV(Health Care SPDR)はヘルスケアセクターに投資をするETFなので長期保有できるETFだと思いますが、いかんせんオプションの取引量が少なく流動性も低いので、その点は結構マイナスですね。

もう少しキャッシュセキュアードとカバードコールをしてみようと思いますが、今後は撤退するかもしれません。

取引が盛んではないので、取引できるオプションの種類は少なくなります。

特に、取引できる限月がIWM、EEMなどに比べて明らかに少ないです。


<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: