2016年7月21日木曜日

EFAのオプションのポジションを調整 キャッシュセキュアードプット

先日、EFA(iShares MSCI EAFE Index Fund)のオプションをトレーディングしました。

EFA(iShares MSCI EAFE Index Fund)の、キャッシュセキュアードプットのポジションの調整しました。

8月が期限のプットオプションをショートしていたのですが、その期限を延ばしました。

ギリギリプラスというポジションでしたが、期限が一か月を切ったので機械的にポジションを調整しました。

8月の期限を10月に延ばしつつ、ストライクプライスを下げました。

一か月を切ったオプションの調整は機械的にしているので、あまりブログにすることはないのですが、税金の関係上収益がプラスであった方が得なので、少しでもプラスであれば早めに調整をしています。

本来は利益がのっているポジションはできるだけ引っ張って、利益を最大化した方がいいなどのアドバイスもありますが、あまりこのアドバイスには従っていないですね。

トレーディングだけを見て合理的な判断ではないかもしれませんが、税金も考慮するとまあまあな選択だと思っています。

最近は、遊びで初めてビットコインの投稿なども多いですが、一番時間をかけているのはオプショントレーディングになります。(一番お金をかけているのはインデックス運用ですけど。)


<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: