2016年7月17日日曜日

IWMのオプションのポジションを調整 キャッシュセキュアードプット

先日、IWM(iShares Russell 2000 Index)のオプションをトレーディングしました。

IWM(iShares Russell 2000 Index)の、キャッシュセキュアードプットのポジションの調整しました。

8月が期限のプットオプションをショートしていたのですが、その期限を延ばしました。

トレーディング時の評価が+50%を超えたので、機械的に利益を確定しています。

イギリスのEU離脱もひと段落して株価が回復した状況だったので、まあまあありなタイミングかなと思います。

もう少しまって大きく利益がのってきてからトレーディングという選択しもあるのですが、この辺りは個人の好みのような気もします。

合理的な判断から言えば、もう少し利益が大きくなってからトレーディングした方がいいのではないかとも思っています。


<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: