2016年7月23日土曜日

XLVのオプションのポジションを調整 キャッシュセキュアードプット

先日、XLV(Health Care SPDR)のオプションをトレーディングしました。

XLV(Health Care SPDR)の、キャッシュセキュアードプットとカバードコールポジションの調整しました。

株価が上昇したので、カバードコールの収益はマイナス、

キャッシュセキュアードの収益はプラス。

トータルの収益は少しだけマイナスとなりました。

(原資産である株式の値上がり益を入れればプラスですが、株は売却せずに保有をしているままなので収支にはカウントしていません。)

同時に、カバードコールとキャッシュセキュアードの新しいポジションをとりました。


オプションの利用はIWM、EFA、EEM、XLVの4本のETFをりようしていますが、XLVの利用はやめるかもしれません。

XLVのオプションは流動性が低いため、なかなか取引が成立せず、値付けも効率的ではありません。

メジャーなETFに集中した方が合理的な気がします。



<参考にしている本>


<関連投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: