2016年8月15日月曜日

EEMのオプションのポジションを調整 キャッシュセキュアードプット

先週、EEM(iShares MSCI Emerging Markets Indx)のオプションをトレーディングしました。

EEM(iShares MSCI Emerging Markets Indx)の、キャッシュセキュアードプットのポジションを調整しました。

今回はXLVのオプション取引から撤退した分の資金をEEM(iShares MSCI Emerging Markets Indx)のオプション取引に補充しまいた。

9月の限月を10月の限月に延ばし、ストライクプライスを上げました。

新興国の株価は堅調なので、今回の調整ではストライクプライスを上げることとなりました、上昇相場でキャッシュセキュアードプットがプラスになるのはいいのですが、結果的にドンドンとストライクプライスが吊り上がっていくのは後のリスクになるので少し怖いです。



ストライクプライスが上がれば上がるほど高い価格で株を買う必要があり、株価が大きく下落した際に高い価格で株を買わないといけないリスクが高まります。

ここ1年の範囲では高値圏に突入しますが、5年ほどのスパンで見ればまだまだなので、もうしばらくは普通にキャッシュセキュアードプットの取引を続けるつもりです。


<参考にしている本>


<お勧めの投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: