2016年8月14日日曜日

EFAのオプションのポジションを調整 キャッシュセキュアードプット

先週、EFA(iShares MSCI EAFE Index Fund)のオプションをトレーディングしました。

EFA(iShares MSCI EAFE Index Fund)の、キャッシュセキュアードプットのポジションの調整しました。

今回はXLVのオプション取引から撤退した分の資金をEFAのオプション取引に補充しまいた。

9月の限月を10月の限月に延ばし、ストライクプライスを下げました。

オプションを保有している期間が長くタイムディケイの影響もあり、ストライクプライスを下げましたが、取引としてはプラスになりました。

相場があまり動かないまたは緩やかな上昇というのがキャッシュセキュアードにとっては最も条件が良いので、この取引は上手くいきました。

毎回プラスになるとは限りませんが、機械的に取引をしていてもプラスになる確率が高くかつレバレッジもかけやすいのはキャッシュセキュアードの大きなメリットだと思います。


<参考にしている本>


<お勧めの投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: