2016年8月21日日曜日

金投資(金連動ETF)への関心が低下

一時期に比べるとマーケットの、金投資(金連動ETF)への関心が低下しているようです。

金への関心薄れる、ETF通じた保有高が今年最大の減少-チャート
金に裏付けされた上場投資信託(ETF)を通じた金保有高は12日、ほぼ13トン減少し2026.9トンとなり、今年に入って最大の落ち込みを示した。
だそうです、ソロス氏は金に関するポジションを積極的にとっていますし、金関連の投資状況がよくニュースになっています。

逆に、バフェット氏などは金関連には投資をしていませんし、バフェット氏自身の発言でも金への投資には否定的なものが多いです。
バフェットは金に嫌悪感に近い感情を抱く。「あなたが金を1オンス買ったとして、100年たっても1オンスのままです」
企業が手掛ける事業や、農地などと違い、金はそれ自体では何も富を生まない。事業を拡大して利益を上げ、それを投資家に還元する「富の増殖」は起きようもない。

リスク・テイカーズ ―相場を動かす8人のカリスマ投資家より
ポートフォリオの分散という観点からは金への投資は面白いと思いますが、金自体はリターンを生まないので長期投資には不向きだと考えています。

ポートフォリオの分散という意味で、クラッシュに備えて金ETFのプットオプションを機動的に購入するというのは面白そうですけど。




<関連投稿>
山崎元氏の金投資へのアドバイスを紹介
橘玲氏 金投資は「ギャンブル」であると否定的 資産防衛マニュアルより
「有事の金」とは、金を売って急場をしのぐという意味
「リスク・テイカーズ ―相場を動かす8人のカリスマ投資家」を読みました

0 件のコメント: