2016年9月18日日曜日

EFAのオプションのポジションを調整 キャッシュセキュアードプット

先週、EFA(iShares MSCI EAFE Index Fund)のオプションをトレーディングしました。

EFA(iShares MSCI EAFE Index Fund)の、キャッシュセキュアードプットのポジションを調整しました。

EFAは先進国に連動するETFで、オプションの流動性も高いメジャーなETFです。


ローリングアウト(期間を延ばす)&ローリングアップ(ストライクプライスを上げる)になります。

10月の限月を11月の限月に延ばし、ストライクプライスを上げました。


今回は機械的な取引になります。

先週は上げ相場でした。利益が当初予定してた水準に達したので機械的にローリングアウト&ローリングアップしています。

KAPPA氏も、何を信じるか?で書かれていますが、あまり特別な判断をしなくともオプションプラスになりやすいのは良いですね。

ちなみに、この投稿を書いている今週は下げ相場だったので、一気にオプションの収益が悪化しています。

特にオプションはレバレッジがかかっているので相場が少し動くと株式以上に収益が上下します。


<参考にしている本>


<お勧めの投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: