2016年9月13日火曜日

IWMのオプションのポジションを調整 キャッシュセキュアードプット

先週、IWM(iShares Russell 2000 Index)のオプションをトレーディングしました。

IWM(iShares Russell 2000 Index)の、キャッシュセキュアードプットのポジションを調整しました。

IWMはアメリカの小型株に連動するETF、オプションの流動性も高いメジャーなETFです。


ローリングアウト(期間を延ばす)&ローリングアップ(ストライクプライスを上げる)になります。

10月の限月を11月の限月に延ばし、ストライクプライスを上げました。


特に相場観などはなく、機械的に判断をして取引をしています。

アメリカ市場は、全体としては上げ相場なので、キャッシュセキュアードプットには有利な相場です。

トレーディングとしては利益も伸びており、まあまあ上手くいっています。

そろそろ税金のことも視野に入れながら、利益のコントロールをしないといけませんね。

オプショントレーディングは利益の調整がしやすいのもメリットです。


<参考にしている本>


<お勧めの投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: