2016年10月15日土曜日

IPO ユーザベースに申込むが落選する

最近、IPOにチャレンジをしています。

ユーザベースに申込みをしましたが、見事落選しました。
「ユーザベース(3966)東証マザーズ」のIPOに申込み


証券会社はSBI証券です、今回はしっかりと「IPOチャレンジポイント」をゲットしました。


100~150ポイントを利用すると抽選確率がアップすると言われています、1回落選して1ポイント。

月に3回ほどIPOにチャレンジできると仮定しても100ポイント貯めるには結構時間がかかりそうです。

100÷3=33ヶ月、33ヶ月÷12ヶ月=2.8年、う~ん、3年はコツコツとトライしないとダメそうですね。

IPOに当たれば利益になる確率はかなり高いと思います。外れた場合も損失は小さいので、あまりリスクのない投資法ですね。デメリットはIPOがなかなか当たらないことでしょう。



<お勧めの投稿>
IPOについて気になったこと 入金タイミング、ペナルティ、IPOチャレンジポイントについて質問してみた
マーキュリアインベストメントのIPOが抽選対象外になる IPOチャレンジポイントも加算されず

0 件のコメント: