2016年11月28日月曜日

EEMのオプションのポジションを調整 キャッシュセキュアードプット

先日、EEM(iShares MSCI Emerging Markets Indx)のオプションをトレーディングしました。

本ETFは新興国に連動し、オプションの流動性も高いメジャーなETFです。

EEM(iShares MSCI Emerging Markets Indx)の、キャッシュセキュアードプットのポジションを調整しました。

収益は、大幅なマイナスとなりました。

ローリングアウト(期間を延ばす)で12月の限月を来年2月の限月に延ばし。ローリングダウン(ストライクプライスを下げる)をしました。

トランプ相場で一番下落幅が大きかったのは新興国市場でした、トランプ大統領が誕生してアメリカ株が上昇しても、新興国の株価はあまり回復していません。

もう少し待てば新興国の株価も回復するかもしれませんが、限月が迫ってきたので機械的にポジションを調整しました。

収益は大幅なマイナスです、まあ通年で見ればプラスとなっているので、しょうがないですね。

一つ一つの取引で絶対にプラスにする必要はなく、通年のトレーディングでプラスになれば良いと考えています。

(そもそも全ての取引で収益を出すことは不可能なので、あとはどれだけトータルの収益をプラスにもっていけるかですね。)

<参考にしている本>


<お勧めの投稿>
カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: