2022年8月11日木曜日

NFT投資 クリプトスペルズでゴールドカードを購入してみた


NFT投資 クリプトスペルズでゴールドカードを購入してみた






NFT投資にチャレンジとういことで、クリプトスペルズでゴールドカードを購入してみました。

これが初めてのNFT投資です。

(もし、投資対象として面白いNFTがあれば教えて下さい。)

ちょうど、イーサリアムが安いタイミングだったのでゴールドカードを購入するにはいい時期だったかもしれません。


上記の記事で解説していますが、NFT投資を考えているなら「ゴールド」以上を購入しましょう。

とりあえずお試しで購入ということで、黒文明「キマリス」、赤文明「祝祭の王女 ネリー・ローズ」、どちらも3,000円程度のゴールドカードになります。


黒文明「キマリス」、赤文明「祝祭の王女 ネリー・ローズ」について


カードゲームに興味がない人は面白くない内容かもしれませんが。黒文明「キマリス」、赤文明「祝祭の王女 ネリー・ローズ」について一言。

黒文明「キマリス」、コストが重いので使いずらいですね、なのでゴールドカードの割には安く取引されています。コスト9ということはかなり後半戦になります、相手のカードの戦力も上がっているのでキマリスを使うタイミングは難しいです。コンボにするにも特に特徴もないのでこれからもそんなに価格は上がらないかもしれません。とりあえず安く購入できるゴールドということで選びました。

赤文明「祝祭の王女 ネリー・ローズ」、ショップの定価販売で購入しました。赤文明で前衛というのは貴重ですね、コストも4とそんなに重くないので、相手の攻撃をしのげます。特殊能力の「味方ユニット1体のターン終了時能力を発動させる」もいまいちコンボが使いにくいです。ただ、ソルジャーでもあり単体で使いやすいのでそれなりの価格を維持できるのではないかと思います。今後新しいカードで強力なコンボが発動できれば価格が大きくあがるかもしれません。


購入手順


購入する手順として
  1. 現金でイーサリアムを購入
  2. イーサリアムでSPL(ゲーム内通貨)を購入
  3. SPL(ゲーム内通貨)でカードを購入
という流れになります。

一度、SPL(ゲーム内通貨)必要があるのが面倒です。

最小の購入単位は500 SPL(0.05 ETH)になります。

(500 SPL=0.05 ETHの固定レートになります。少し面白いと思ったのは、ETHの値動きが激しいわりに、クリスペ内でのカードの価格の動きが少ないことです。目端が利いて時間がある人はもしかしたらカードのトレーディングで儲けられるかもしれません。また、クリスペ内でカードの売買をしている人は転売目的よりも、ゲームを楽しむ(ゲームでプレイ)する人が多いので、ゲーム内マーケットでのカードの値段があまり乱高下しないのかもしれません。また、ゲーム外マーケットではゲーム内よりも一般的に価格が高くなる傾向があります。)

また、SPL(ゲーム内通貨)から現金や仮想通貨に戻す方法がないのがデメリットです。

■Q:SPLをETHやpolygonに変えることはできるか? 
A:直接の両替はできません。 
ゲーム内マーケットでSPLを使ってNFTを購入し、NFTをゲーム外へ移動させて取引することで、間接的にETHやplygonを得ることは可能です。

出口戦略は、外部マーケットで売却するしかありません。

ただ、発展途上のゲームなので今後は他の出口戦略もでてくるかもしれませんね。

もし、クリスペに詳しい人がいてSPLから現金や仮想通貨に戻せる方法を知っている人がいたら教えて下さい。


招待コード


もし、この記事でクリプトスペルズ(CryptoSpells)を始めようと思った人は以下の招待コードを利用してもらえると励みになります。

  • 招待コード:ZUrT


関連投稿




初刷限定の特典である「クリプトスペルズオフィシャルカード」が、クリスペのゲーム内マーケットで売買されています。このカードが結構強いんですよね、もう少し早ければ特典が貰えたのに・・・、この特典が欲しかったな。


2022年8月10日水曜日

2022年8月10日 ポートフォリオを公開


2022年8月10日 ポートフォリオを公開






久しぶりのポートフォリオの公開。

指数に連動したインデックスファンド(ETF)なので、特にすることがありません。

個別株は全て売却してETFに乗り換えました。

後はバイアンドホールドです。


株式について


ポートフォリオの大部分を「Invesco QQQ Trust Series 1(QQQ)」で保有!


凡人は大人しく指数を買うのが一番手間もかからないしリターンもいいでしょう。

個別株の銘柄選択で長期間(10年以上)、ナスダック100にアウトパフォームできる人は少ないはずです。

スパイスとして、レバレッジ系のETFも保有しています。長期でみればそれなりのリターンが期待できるんじゃないでしょうか。


暗号資産(仮想通貨)について


仮想通貨は、イーサリアムの長期保有&ステーキングが基本戦略になります。

イーサリアムのステーキングはクラーケンを利用しています。

ビットコインも少々、ビットコインはマイニングをしているので定期的に貯まります。

今後は「ポルカドット(DOT)」「テゾス(XTZ)」「シンボル(XYM)」「カルダノ(ADA)」なんかのマイナーコインにも少額投資してステーキングをしたいと思っています。

イーサリアムのステーキングに関しては以下の投稿を参考にして下さい。

イーサリアム以外の暗号資産のステーキングについては以下の投稿を参考にして下さい。



保有資産 株式

  • Invesco QQQ Trust Series 1(QQQ) メインのETF
  • MAXIS ナスダック100上場投信
  • 大和-iFreeレバレッジ NASDAQ100
  • 楽天レバレッジNASDAQ-100
  • ProShares UltraPro QQQ
  • Direxion Daily Technology Bull 3X
  • Direxion Daily Dow Jones Internet Bull 3X
  • Direxion Daily Semiconductor Bull 3X

保有資産 暗号資産(仮想通貨)

  • ビットコイン
  • イーサリアム

おすすめの本

 
幅広く分散された株式メインのポートフォリオを長期で運用することが手堅い運用方法だと思います。


オプションについてはKAPPA氏の本がベストですね。
日本語で書かれている本では一番実践的な内容でしょう。カバードコールから始めて徐々に色々なポジションを試してみるのが良いと思います。

おすめの投稿


関連投稿


2022年8月9日火曜日

ブログタイトルを「投資いろいろやってみる」に変更します

ブログタイトルを「投資いろいろやってみる」に変更します





ブログ名を変更します。

「投資いろいろやってみる」

に変更します。


今までは「マッタリ バリュー投資とカバード・コール」というブログ名でしたが、最近は「バリュー投資」も「カバード・コール」もしていません・・・。

どちらも悪い戦略ではないんですけど、他の投資対象に興味が出てきてしまい、どちらもメインで取引していません。


「カバード・コール」は、上値をあきらめる。

「バリュー投資」は、バリューで亡くなった時に他の銘柄に乗り換える手間がかかる。(成長が続いている限り長期保有するのはグロース投資)

といったデメリットがあります。

色々と、その時に興味があるものに投資をしているので、投資対象が変わってしまうんですよね。

ということで、これからは「投資いろいろやってみる」という名前でブログを書いていきます。

興味の赴くままに身銭を切ってい色々な投資にチャレンジしていきます。

最近興味があるのは
  • NASDAQ100
  • 暗号資産のステーキング
ですね。


2022年8月8日月曜日

イーサリアムをステーキングするならクラーケン(Kraken)がおすすめ


イーサリアムをステーキングするならクラーケン(Kraken)がおすすめ






2022年8月より、イーサリアムがプルーフ・オブ・ワーク(Pow)からプルーフ・オブ・ステークス(PoS)への移行を開始しました。

これを機に、イーサリアムのステーキングサービスを利用しています。

ステーキングとは「PoS(プルーフ・オブ・ステークス)というコンセンサスアルゴリズムを用いている暗号資産を仮想通貨を保有し、ブロックチェーンのネットワークに参加することで、対価として報酬が貰える仕組み」のことです。


今のところクラーケン(Kraken)でのステーキングは順調で、報酬もしっかりと獲得できています。

前回の投稿から新規で1万円程度の追加投資をしてみましたが、追加のステーキングも問題なくできました。(少額の追加投資からのステーキングが可能なところも使いやすいです。)


ステーキングの申し込みの仕方もシンプルで簡単です。


ページの上部にある「Earn」を押して、数クリックすればステーキングが完了します。

ただ、イーサリアムを購入したら自動的にステーキングされるわけではなく、ステーキングも申込みが必要な点は注意が必要です。


ステーキングの状況は「Earn」のページでタイムリーに確認できます。

画面では、クラーケン(Kraken)でステーキングが可能なイーサリアムとポルカドットが表示されています。私はイーサリアムしかステーキングしていませんが、今後はポルカドットのステーキングにチャレンジしてみようかと思っています。(ポルカドットはステーキングの報酬が高くて有名です。)


クラーケンのステーキングサービスのメリットは、
  • 操作が簡単
  • 少額でもステーキング可能
  • 少額の追加投資からの新規ステーキングも可能
  • いつでもステーキングの申し込みが可能(新規申し込みが停止になっていたり、募集期間が設定されていたりしない)
新規の申し込みが中止になっていることがなくて、いつでもステーキングが利用できるのはとても便利です。

今のところ、クラーケンでイーサリアムのステーキングを利用しようとしても申し込みができなかったことはありません。

コインチェックやGMOコインなんかでも、イーサリアムの「レンディングサービス」がありますが、レンディングしたいのに全然新規の受付をしていなかったりして、サービスが利用できない事が多くがっかりした経験があります。

サービスは提供していても、新規の申し込み枠が少なかったり、殆ど募集をしていないようでは利用しにくいです。


イーサリアム以外の暗号資産のステーキングについて


イーサリアム以外の暗号資産のステーキングについては以下の投稿を参考にして下さい。

個人的にはクラーケンが一番おすすめですが、二番手としてはGMOコインが色々とステーキングサービスを提供しています。

2022年8月7日日曜日

クリプトスペルズで投資目線でカードを買うならゴールド以上

クリプトスペルズで投資目線でカードを買うならゴールド以上





クリプトスペルズで投資目線でカードを買うならゴールド以上です。

というか、結果的にはゴールドカード一択になってしまいます。


クリプトスペルズのレア度


クリプトスペルズのレア度は
  • リミテッドレジェンド(NFT)
  • レジェンド(NFT)
  • ゴールド(NFT)
  • シルバー(非NFT)
  • ブロンズ(非NFT)
となっています、

ゴールド以上がNFTカードになります。

「リミテッドレジェンド(NFT)、レジェンド(NFT)」は発行枚数も少ないのでおいそれと購入できません。

レジェンドは発行枚数が数十枚で値段が20万、30万といった世界です。


「NFTカード」は、外部のマーケットで売買可能


「NFTカード」は、外部のマーケットで売買ができます。

投資目線で考えるのであれば外部マーケットでも売買が可能なNFTカードに投資をすべきですね。

外部マーケットは、「OpenSea,miime,コインチェックNFTマーケット」とかです。

「非NFTカード」は、クリプトスペルズ内(ゲーム内)でしか使用できません。

なので、投資という観点から「シルバー」はあまり購入する意味がありません。(転売してSPLを稼ぐという意味はありますが。)

現実的に購入可能なのはゴールドカード


ということで、現実的に購入が可能でNFTなのは「ゴールド」になります。

以下が、ゴールドカードのメリット
  • NFTカード
  • 外部マーケットで売買可能
  • 現実的に購入可能な値段である(例、定期的に販売されているゴールドカードは安くて3,000円程度で購入可能
というわけで、NFTカードに投資をしたいと思っている人は、ゴールドカードをコツコツと購入していくのがいいと思います。

間違えても「シルバーカード」とかでSPL(ゲーム内の通貨)を消費しないようにしましょう。貴重なSPLはゴールドカードの購入に利用しましょう。



招待コード


もし、この記事でクリプトスペルズ(CryptoSpells)を始めようと思った人は以下の招待コードを利用してもらえると励みになります。

  • 招待コード:ZUrT


参考リンク


上記のリンクは解説がわかりやすいので勉強になります。


初刷限定の特典である「クリプトスペルズオフィシャルカード」が、クリスペのゲーム内マーケットで売買されています。




人気の投稿