2021年8月30日月曜日

個人投資家が1億円から利用できるプライベートバンクについて調べる(更新:2021年8月30日)

 

個人投資家が利用できるプライベートバンクについて調べる(更新:2021年8月30日)



個人投資家が利用できそうなプライベートバンクについて調べたので記事にします。

0から独力でサラリーマンをしながら投資をして、資産を作るのは結構大変です。正直、上手く資産が作れたとしても1億円とかだと思います。ぶっちゃけ、5億、10億は起業したりしないと到達が出来ない域だと思っています。(普通に1億円の純資産をつくるだけでも立派だと思うのですが・・・。)

ということで、そこそこ上手くいった個人投資家が現実的に達成可能で、富裕層の入り口と言われる1億円でプライベートバンキングのサービスが利用できるのか調べてみました。

ちなみに、一般的なプライベートバンクの対象は、企業のオーナーや一部のプロフェッショナルなどの超富裕層を対象としているので、ぶっちゃけ5億円以上が入り口といった印象を受けました。

また、私もプライベートバンクについて色々と調査中なので、いい情報があれば是非教えて下さい。

結論

  • 外資系のプライベートバンク:最低2億円
  • 日系のプライベートバンク:最低1億円

1億円あれば、日系の金融機関がプライベートバンク(ウェルスマネジメント)のサービスを提供してくれる可能性があります。

外資系は日系よりハードルがあがり、2億円が最低ライン。その中でも比較的ハードルがひくいのはUBSで、最低2億円からサービスを提供してくれるそうです。

ということで、無事に億り人になり、プライベートバンクのサービスを利用してみたいと考えている個人投資家は日系の証券会社から調べてみると良いと思います。


以下に、もう少し詳しく各会社の最低預入金額とかを記載します。

証券会社

  • 野村證券:1億円
  • 三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券:金融資産1億以上、預入5,000万以上
  • 大和証券:調査中
  • SMBC日興証券:調査中
  • みずほ証券:調査中
  • 香川証券:調査中
  • ジュリアス・ベア ノムラウェルスマネジメント:調査中
証券会社のプライベートバンキングサービスは比較的預け入れの金額が低い印象があります。「野村證券、三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券、大和証券」は1億円があればサービスの対象には入れそうな感じがします。

上記の会社なら相談は可能だと感じました。メガバンクや外資系は億り人では門前払いといった印象を受けます。


メガバンク

  • 三菱東京UFJ銀行:非公開
  • 三井住友銀行:5億以上
  • みずほ銀行:10億以上
メガバンク系の最低預入金額はかなり高額で、普通の個人投資家では到達できなさそうです。大地主、上場企業のオーナー一族などが対象なのでしょう。利用を検討するのはもう少し先になりそうです。


信託銀行

  • 三井住友信託銀行:1億円
  • SMBC信託銀行:調査中
  • 三菱UFJ信託銀行:調査中
三井住友信託銀行は1億円程度からサービスの提供を検討してくれるそうです、またそれ以外の内容も勘案するので金融資産1億円なら口座が開設できるというわけでもなさそうです。


外資系

  • USB:2億円
  • ロンバーオーディエ:3億円
  • クレディスイス:5億円
外資系ではUBSの2億円が最もハードルが低いですね。それでも一般人からすれば高額ですが・・・。


2021年7月16日金曜日

仮想通貨のレンディングサービス(貸仮想通貨)をしている取引所の比較(更新:2021年7月16日)

仮想通貨のレンディングサービス(貸仮想通貨)をしている取引所の比較(更新:2021年7月16日)



仮想通貨に投資を開始しました。長期保有するつもりですが、保有している間に金利がもらえたらお得だと思い、仮想通貨のレンディングサービス(貸仮想通貨)について色々と調べたので情報共有します。

結論から言うと、各社の仕様はかなり違いつつ、どの取引所もかなり使いづらいというのが印象です。

どうにか使えそうだなというのはコインチェックです。

コインチェックの、短期で金利が低いレンディングサービスを利用するのがベターでしょう。

色々と調べていた感じたことは、収益目的のアフィリエイトサイトが多すぎて全然価値のある情報にたどり着けません。


レンディングサービスを提供してる取引所


レンディングサービスを提供してる取引所の有名どころは以下になります。
  1. コインチェック
  2. GMOコイン
  3. bitbank
それ以外にもあるかもしれませんが、有名どころは上記の3社になります。


コインチェックの特徴


メリット
  1. 対応している仮想通貨が多い
  2. 貸仮想通貨の最低金額が低い(1万円程度から)
  3. いつでも貸出申請が可能
デメリット
  1. レンディングサービスの希望を出しても受け付けられない(特に長期で金利が高い場合)

ぶっちゃけ、年率が高い(期間が長い)レンディングサービスの希望を出してもなかなか貸し出しが開始されないようです。

ネットでは長期で金利が高い貸出申請は2~3か月待っても音沙汰がないとあったの情報もありました。

比較的申請が通りやすいと言われている短期の14日で年率1.0%に申し込んでみました。

私の場合は、貸出申請をして3日後に貸出しが開始されました。

参考として申請の画面を貼っておきます。

2021年7月12日に、貸出しの注文を出しました。

2021年7月15日に貸出しが行われました。




GMOコインの特徴


メリットは不明

デメリット
  1. 貸出しの最低金額が高額(30万円以上は必要)
貸出しに必要な仮想通貨を保有していないので、評価ができません。1か月に1回、仮想通貨のレンディングサービスに応募ができて、審査に通ると貸出しができるようです。

貸出しに必要な金額が高額なのでトライできていません。



bitbankの特徴


メリット
  1. 貸仮想通貨の最低金額が比較的低い(20万円程度から)
デメリット
  1. 貸出しの最低金額などの記載が非常にわかりにくい
貸出しに必要な最低金額が比較的低いのでこれから調査をする予定です。

ただ、HPが非常にわかりにくいです。貸出しの最低金額などの記載が非常にわかりにくく、レンディングサービスのページではなく、「お知らせ」から確認するそうです。(私は探せなくてサポートセンターに連絡をしてやっとわかりました。)
申込みは基本的に1か月に1回だそうです。


まとめ


正直、各社とも一長一短でこれといった取引所はないです。

コインチェックは参加は必要な金額も低く参加がしやすそうですが、貸出申請が通らないのであれば意味がないです。
GMOコインは最低でも30万円以上は必要そうなので、しばらく利用するハードルが高いです。
bitbankは必要金額も低いのでこれから詳しく調査をしてい見る予定です、ただレンディングサービスの申し込みは1か月に1回なのでちょっと利用しずらいですね。

この中でどこか選べと言われれば、「コインチェック」が使い勝手が良さそうです。

このブログを読んでいる方で、良い情報があったら教えて下さい。



少し古いがわかりやすかった。自分にはちょうどいい内容、あまり複雑だと理解できないんで、これくらいがちょうどいいです。

2021年6月23日水曜日

2021年5月20日 土木管理総合試験所(6171)に新規投資 端株保有でいいことあるかも


2021年5月20日 土木管理総合試験所(6171)に新規投資 端株保有でいいことあるかも



ポイ活投資で、Tポイントを利用した投資をしてます。

最近は「トリマ」でもポイントを稼いでいます。

遊び感覚のポイ活なので、あまりポイントは稼げません。少額で買える株に投資しています。

タダでTポイントを手に入れる方法の解説とTポイント投資は別のブログでまとめています。

ネットの噂で、端株の保有(1株保有)だけでもアンケートが送られてきて、回答すると粗品が貰えるとのこと。

いいことがあるかもしれないので一株だけ投資。
少額のTポイントはSBIネオモバイル証券で端株に投資するのが楽しいです。

渋い名前。土木建設工事に必要な試験・調査・分析を行う試験総合サービスと地盤補強サービスが2本柱だそうです。

売上は右肩あがり、ビジネスもアセットライトなので上手くいけば儲かるのかも。


とりあえず端株優待狙いで1株だけ投資。

配当再投資のパワーを侮ってはいけません。しっかりと腰を据えて配当再投資ができればかなり資産が増えます。

2021年6月19日土曜日

【2021年6月23日 追加投資】マクロミルのポイントをコインチェックのビットコイン(BTC)に交換

 


【2021年6月23日 追加投資】マクロミルのポイントをコインチェックのビットコイン(BTC)に交換




追加で、マクロミルの500ポイントをコインチェックのビットコイン(BTC)に交換しました。

マクロミル経由でコインチェックのビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)へ交換する方法は以下になります。

マクロミルは大手アンケートサイトで、アンケートの数も多くポイントが一番稼げるのでおすすめです。

仮想通貨には興味はあるけれども怖くて投資を躊躇している人は、ポイントサイトを利用して少額だけ試してみるのがいいと思います。

マクロミルのアンケートにコツコツ回答していると月2,000~3,000円分のポイントは普通にたまります。

ポイ活については以下のブログで詳しく解説してます。


仮想通貨の残高は約2,900円。

コツコツとマクロミルのポイントをビットコイン(BTC)にしてます。大体月に2,000円分は投資できそう。

ビットコインもエルサルバドルでは法定通貨になったし、新しいフェーズに入ったかもしれませんね。

ITによる金融革命はこれから続くでしょう。

仮想通貨に興味はあるけれど、いきなり現金で投資をするのを怖いという人はポイントサイトを利用してタダでゲットするのもいいと思います。


少し古いがわかりやすかった。自分にはちょうどいい内容、あまり複雑だと理解できないんで・・・。

2021年6月18日金曜日

2021年5月18日 インターアクション(7725)に新規投資 端株保有でいいことあるかも


2021年5月18日 インターアクション(7725)に新規投資 端株保有でいいことあるかも



ポイ活投資で、Tポイントを利用した投資をしてます。

最近は「トリマ」でもポイントを稼いでいます。

遊び感覚のポイ活なので、あまりポイントは稼げません。少額で買える株に投資しています。

タダでTポイントを手に入れる方法の解説とTポイント投資は別のブログでまとめています。

ネットの噂で、端株の保有(1株保有)だけでもアンケートが送られてきて、回答すると粗品が貰えるとのこと。

いいことがあるかもしれないので一株だけ投資。
少額のTポイントはSBIネオモバイル証券で端株に投資するのが楽しいです。

撮像素子CMOSセンサー、CCD検査用光源装置の大手になります。子会社で環境・精密装置、歯車試験機等も展開しているそうです。

業績は波はあるけど、右肩上がりです。良く調べたらそれなりに面白いかもしれませんね。



半導体検査装置の業界では売上3位だそうです。

とりあえず端株優待狙いで1株だけ投資。

配当再投資のパワーを侮ってはいけません。しっかりと腰を据えて配当再投資ができればかなり資産が増えます。

人気の投稿