2010年12月21日火曜日

Firstradeでorderがreject(拒絶)される

12月20日にFirstradeでoption(オプション)のorder(オーダー)を出したのですが、reject(拒絶)されてしまいました。

2回注文を出したのですが、2回とも2分位でreject(拒絶)と表示をされてしまい、どうしようもありませんでした。

結局、この日は注文が出せませんでした。

仕方がないので諦めて、なぜ注文が通らないか質問メールをしました。

後日(一日後)、メールが届いていて、以下の内容が書かれていました。

  • 「order were experiencing delays this morning」

とのことでした。

要するに、「オーダーが遅れていた」ようです。

日本の証券会社ではあまりこのようなことは経験しませんが、アメリカの証券会社ではたびたびあるようです。

システムの安定性は日本の証券会社の方が優れていると思います。

仕方がないので、改めてまた今日注文を出してみようと思っています。

2010年11月27日土曜日

2010年11月27日 ポートフォリオ

最近は追加投資を行っていないので、ポートフォリオの構成に変化はありません。

ドルベースではポートフォリオの評価額が下がっています。ヨーロッパ・新興国の株式が下落していることが影響していると思います。

また、先月に比べると1ドル=84円代と先月に比べて多少円安になっているので、円ベースでのポートフォリオの評価額は上がっています。


【流動資産】
日本円
ドル

【日本株式】
日本個別銘柄

【外国株式 先進国】
三菱eMAX先進国
IVV iShares S&P 500 Index
IJR iShares S&P SmallCap 600 Index
DVY iShares Dow Jones Select Dividend
VB  Vanguard Small-Cap
EFA iShares MSCI EAFE Index Fund
EFV iShares MSCI EAFE Value Index
VGK Vanguard European

【外国株式 新興国】
EEM iShares MSCI Emerging Markets Indx
VWO Vanguard Emerging Markets
DGS WisdomTree Emerging Mkts Small Cp Div Fd
EWZ iShares MSCI Brazil Index
インド個別銘柄

【セクター別投資】
KXI iShares S&P Global Consumer Staple
IXJ iShares S&P Global Healthcare Sect

【オプション】
IWM(iShares Russell 2000 Index) put option sell

2010年9月28日火曜日

2010年9月28日 ポートフォリオ

目標アセットアロケーションは
日本株式:外国株式先進国:外国株式新興国:セクター別=10:32:32:16:10 です。

9月は株式・投資信託などの追加購入はしていません。
最近は不動産購入(不動産投資ではない)に興味があるため、資産運用に追加の資金をいれていません。ローン金利や諸経費は思っていたよりも割高で驚いています。運用する資金があるのであれば「頭金の積立」「繰上げ返済」を行ったほうが経済的合理性があるようです。

引き続き、米国証券会社を通してオプション取引を練習しています。
対象は「IWM(iShares Russell 2000 Index )」で、キャッシュを保有してのPut Optionの売りです。9月30日にオプションの期限がきます。今のところ相場が急落しないかぎり権利は行使されなさそうなので、今回もオプションのプレミアムがキャッシュとして利益になりそうです。

84円台の円高は想定していなかったので驚いていますが、株式市場が8月よりも持ち直しているのでポートフォリオのリターンは改善しています。

【流動資産】
日本円
ドル

【日本株式】
日本個別銘柄

【外国株式 先進国】
三菱eMAX先進国
IVV iShares S&P 500 Index
IJR iShares S&P SmallCap 600 Index
DVY iShares Dow Jones Select Dividend
VB  Vanguard Small-Cap
EFA iShares MSCI EAFE Index Fund
EFV iShares MSCI EAFE Value Index
VGK Vanguard European

【外国株式 新興国】
EEM iShares MSCI Emerging Markets Indx
VWO Vanguard Emerging Markets
DGS WisdomTree Emerging Mkts Small Cp Div Fd
EWZ iShares MSCI Brazil Index
インド個別銘柄

【セクター別投資】
KXI iShares S&P Global Consumer Staple
IXJ iShares S&P Global Healthcare Sect

【オプション】
IWM(iShares Russell 2000 Index) put option sell

2010年8月25日水曜日

2010年8月25日 ポートフォリオ

直近のポートフォリオになります。

目標アセットアロケーションは
日本株式:外国株式先進国:外国株式新興国:セクター別=10:32:32:16:10 です。

8月は株式・投資信託などの追加購入はしていません。

実験的に米国証券会社を通してオプション取引をしてみました。
対象は「IWM(iShares Russell 2000 Index )」です、キャッシュを保有してのPut Optionの売りになります。今のところ金額も多くないのでポートフォリオのパフォーマンスにはほとんど影響していません。

急激な円高と全世界の株安が進んでおり、外国株式の多いポートフォリオのためかなりマイナスの影響がありました。 引き続きこつこつと投資をしてゆきたいと思います。

最近、不動産購入に興味があるため暫くは株式等の追加購入は休むかもしれません。リバランスは適宜行う予定です。

【流動資産】
日本円
ドル

【日本株式】
日本個別銘柄

【外国株式 先進国】
三菱eMAX先進国
IVV iShares S&P 500 Index
IJR iShares S&P SmallCap 600 Index
DVY iShares Dow Jones Select Dividend
VB  Vanguard Small-Cap
EFA iShares MSCI EAFE Index Fund
EFV iShares MSCI EAFE Value Index
VGK Vanguard European

【外国株式 新興国】
EEM iShares MSCI Emerging Markets Indx
VWO Vanguard Emerging Markets
DGS WisdomTree Emerging Mkts Small Cp Div Fd
EWZ iShares MSCI Brazil Index
インド個別銘柄

【セクター別投資】
KXI iShares S&P Global Consumer Staple
IXJ iShares S&P Global Healthcare Sect

【オプション】
IWM(iShares Russell 2000 Index) put option sell

2010年8月6日金曜日

Firstradeでオプション取引を始める(Put Call)

Firstradeでオプション取引をはじめました、
初めてなので、 現金を保有したうえでのPutのCallを行いました。
「売る権利」の「売り」になります。

対象は

Ticker symbol:IWM
expire date:8/21
strike price:60.00
option:PUT

になります。
相場に関係なくキャッシュ(現金)が入るのは強みですね。

2010年7月24日土曜日

2010年7月24日 ポートフォリオ

直近のポートフォリオになります。
目標アセットアロケーションは
日本株式:外国株式先進国:外国株式新興国:セクター別=10:32:32:16:10 です。

7月は投資をしませんでした。
今は米国市場でのオプション取引を検討しているため、勉強中です。
株式は先月に比べ値上がりをしていますが、為替が円高にふれているため、ポートフォリオの評価額としてはあまり増えていません。

【流動資産】
日本円
ドル

【日本株式】
日本個別銘柄

【外国株式 先進国】
三菱eMAX先進国
IVV iShares S&P 500 Index
IJR iShares S&P SmallCap 600 Index
DVY iShares Dow Jones Select Dividend
VB  Vanguard Small-Cap
EFA iShares MSCI EAFE Index Fund
EFV iShares MSCI EAFE Value Index
VGK Vanguard European

【外国株式 新興国】
EEM iShares MSCI Emerging Markets Indx
VWO Vanguard Emerging Markets
DGS WisdomTree Emerging Mkts Small Cp Div Fd
EWZ iShares MSCI Brazil Index
インド個別銘柄

【セクター別投資】
KXI iShares S&P Global Consumer Staple
IXJ iShares S&P Global Healthcare Sect

2010年6月27日日曜日

2010年6月26日 ポートフォリオ

直近のポートフォリオになります。
目標アセットアロケーションは
日本株式:外国株式先進国:外国株式新興国:セクター別=10:32:32:16:10 になります。

6月の投資は「三菱eMAX先進国」の購入です。
今月は特にすることもなく、インデックスファンドの追加購入のみです。

【流動資産】
日本円
ドル

【日本株式】
日本個別銘柄

【外国株式 先進国】
三菱eMAX先進国
IVV iShares S&P 500 Index
IJR iShares S&P SmallCap 600 Index
DVY iShares Dow Jones Select Dividend
VB  Vanguard Small-Cap
EFA iShares MSCI EAFE Index Fund
EFV iShares MSCI EAFE Value Index
VGK Vanguard European

【外国株式 新興国】
EEM iShares MSCI Emerging Markets Indx
VWO Vanguard Emerging Markets
DGS WisdomTree Emerging Mkts Small Cp Div Fd
EWZ iShares MSCI Brazil Index
インド個別銘柄

【セクター別投資】
KXI iShares S&P Global Consumer Staple
IXJ iShares S&P Global Healthcare Sect

2010年5月30日日曜日

Buywrite Monthly Indexについて

Buywrite Monthly Indexとは

Buywrite Monthly Indexとは、
要約すると
「S&P 500 Indexの1ヶ月もののcovered callのインデックス」になります。

詳しくは下記の英文になります。

The CBOE S&P 500 BuyWrite Index (BXM) is a benchmark index designed to track the performance of a hypothetical buy-write strategy on the S&P 500 Index.
The BXM is a passive total return index based on
(1) buying an S&P 500 stock index portfolio, and
(2) "writing" (or selling) the near-term S&P 500 Index (SPXSM) "covered" call option, generally on the third Friday of each month. The SPX call written will have about one month remaining to expiration, with an exercise price just above the prevailing index level (i.e., slightly out of the money). The SPX call is held until expiration and cash settled, at which time a new one-month, near-the-money call is written. Please visit the BXM FAQ for more information about the construction of the index.

カバード・コールは下落相場に強い 


一般的に、カバード・コール(Coverd Call)は下落相場に強いと言われています。
  • 青チャート:Buywrite Monthly Index(BMX)
  • 赤チャート:S&P 500 Index
2005年からの期間をとるとBMXがプラスリターンなのに対してS&P500はマイナスリターンとなっています。

株式メインのポートフォリオにおいてはボラティリティーを下げ、プラスノリターンを確保する有効な戦略になるのではないかと思っています。

2010年5月8日土曜日

2010年5月6日 ポートフォリオ

直近のポートフォリオになります。
目標アセットアロケーションは
日本株式:外国株式先進国:外国株式新興国:セクター別=10:32:32:16:10
になります。

だいぶ目標のアセットアロケーションとずれている資産もあるので近々修正する必要があるかと思っています。 ファンドの売却でなく追加投資でリバランスを予定しています。
「外国株式 先進国」の積立用ファンドは「三菱eMAX先進国」に変更しました。

【流動資産】
日本円
ドル

【日本株式】
日本個別銘柄

【外国株式 先進国】
三菱eMAX先進国
IVV iShares S&P 500 Index
IJR iShares S&P SmallCap 600 Index
DVY iShares Dow Jones Select Dividend
VB  Vanguard Small-Cap
EFA iShares MSCI EAFE Index Fund
EFV iShares MSCI EAFE Value Index
VGK Vanguard European

【外国株式 新興国】
EEM iShares MSCI Emerging Markets Indx
VWO Vanguard Emerging Markets
DGS WisdomTree Emerging Mkts Small Cp Div Fd
EWZ iShares MSCI Brazil Index
インド個別銘柄

【セクター別投資】
KXI iShares S&P Global Consumer Staple
IXJ iShares S&P Global Healthcare Sect

2010年2月8日月曜日

アメリカの証券会社で保有している株やETFの配当は申告すれば外国税額控除を受けられる

アメリカの証券会社で保有している株やETFの配当は申告すれば外国税額控除を受けられる

アメリカの証券会社で保有している株やETFの配当金についても、申告をすれば外国税額控除を受けることができます。

そもそも、アメリカの証券会社で保有している株やETFから配当があった場合、日本での課税は行われていないので、申告する必要があります。

これは必須ですので、しないといけません。

次に、外国税額控除ですが、これは任意になります。

外国税額控除を受けないという選択肢もあります。

実際に、外国税額控除を受けない方が得という場合もあり得ます。
(私もあまり詳しくないのですが、受けない方が総合的に税金が低くなるという場合もあるということを聞いたことがあります。)

ただ、一般的には外国税額控除を受けた方が得なことが多いと思います。

税金の申告は必須ですが、外国税額控除を受けるかどうかな任意なので、少し面倒ですが忘れないで外国税額控除を受けた方がいいでしょう。

それにしても、各々の配当を支払日のTTMで日本円に換算しなおすのは煩雑な作業でした・・・。