2015年10月24日土曜日

現金・キャッシュの取扱について 現金を確保すべきか投資すべきか

現金・キャッシュの取扱ですが、意外と意見が分かれることが多いです。

ちなみに、私は現金は確保しないですぐに投資をします。

マーケットタイミングは予想できないと考えているので、投資が可能な現金が貯まったら、すぐに投資をしています。

ただ、ブログや本を見ているとと結構タイプがわかれています。


<現金確保派>
意外と、このタイプの個人投資家は多いと思います。
角山氏なんかもこのタイプみたいです。特に個別銘柄に積極的に投資をしている投資家に多い気がします。
マーケットのボトムで確保した現金で一気に投資ができれば、リターンは爆発的に上昇します。

<ハイブリッド派>
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーの水瀬ケンイチ」は月末までには投資をするが、1ヵ月間はマーケットタイミングをはかっているというルールを設けているようです。
単純に積み立てるだけでは面白くないので、あえて1ヵ月間は“遊び”としてマーケットタイミングをうかがっているみたいです。
これはこれで一つの解決案ですし、面白いアプローチだと思います。ストイックに取組み過ぎても長続きしません。

<すぐに投資派>
敗者のゲーム〈原著第6版〉 」のチャールズ・エリス氏いわく、マーケットタイミングを予想することはしないで、投資をすべきとアドバイスしています。
エリス氏いわく、短期間の上げ相場を逃すと一気にリターンが悪化するとのことです。
私も、チャールズ・エリス氏と同じく予想は不可能であると考えています。(予想はできないけれども、割安割高の判定はある程度可能だと思いますし。予想をしなくとも色々な事象は平均に回帰するとも考えています。)


色々なタイプがありますが、「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーの水瀬ケンイチ」のような<ハイブリッド派>は取り入れやすそうですね。

まあ、私は色々と考えるのが面倒くさいので、機械的にすぐに投資をしてしまっていますが。

0 件のコメント: