2018年9月26日水曜日

KDDIに追加投資


KDDIに追加投資

KDDIに追加投資をしました。

高配当かつ増配銘柄なので、配当狙いの投資になります。

バリュエーションですが


  • 予想PER:11.94倍
  • 予想EPS:259.3
  • 実績PBR:1.97倍
  • 予想配当利回り:3.23%
  • 予想1株配当:100

増配銘柄で配当利回りが3%以上ある点を評価して投資しました。
安定した配当を継続している限り保有を続けるつもりです。




ここ5年のチャートです。ほとんど上昇をしていないので、キャピタルゲイン(値上がり益)を狙う銘柄ではないですね。通信株はあくまでインカムゲイン(配当益)狙いと割り切った方が良さそうです。

景気の後退局面がいつになるかはわかりませんが、景気後退局面でも投資が継続できるようにディフェンシブかつ安定配当が見込めるポートフォリオにしようかと思っています。



配当性向が35%以上でしっかりと増配ができている点、自社株買いを通して株主価値を上げている点は評価できると思います。


配当狙いの投資というのは大損するリスクは少ないと思います。高配当銘柄を10~15銘柄ほど選んでセクターを分散して投資すれば、かなりリスクを減らせると思います。

2018年9月21日金曜日

2018年9月末 投資をしている日本株

2018年9月末 投資をしている日本株

2018年9月末の時点で、投資をしている日本株になります。
  • JXTG
  • 小松製作所
  • ファナック
  • 東京海上HD
  • 味の素
  • 日本たばこ産業
  • 日本郵政
  • NTT
  • NTTドコモ
  • KDDI
「安定した配当と増配が期待できる株」という観点から投資をしています。

アメリカの利上げや、中国との貿易戦争懸念などがあり、このまま景気拡大が続くかは不透明ですね。たぶん、アメリカは景気が減速するまで利上げをすると思うので、注意が必要な相場になりそうです。

今後の投資方針としては、安定して配当を払える株に追加投資をしていくつもりです。9月は「NTTドコモ」に追加投資をしました。

景気後退局面でも安心してホールドができつつ、配当も維持できるような企業に追加投資をしていくつもりです。

良く紹介をしていますが、

上記のブログは私の日本株の投資スタイルと非常に似ていてとても参考になります。特に初心者の人はこのスタイル(大型高配当株への分散投資)で投資をすると大損しないかと思います。

2018年9月4日火曜日

StockPoint 永久不滅ポイントとの交換レートが悪すぎる


StockPoint 永久不滅ポイントとの交換レートが悪すぎる

StockPointで、永久不滅ポイント連携が開始されました。

ただ、交換レートが悪すぎます!

交換をするだけでポイントの価値が20%も減価します!

交換をおすすめしませんが、どうしても交換をするという人は「レートが極端に悪い」ということに注意してくださいね。

サービス開始早々にこんなネガティブな記事は書きたくないんですが、しょうがないですね。個人的には永久不滅ポイントとの連携をまたかまたかと楽しみにしていたので、こんな最悪のレートのサービスだと知ってがっかりしました。まあ、ストックポイントのアフィリエイトなんかしていないので、自由気ままに批判をしますが・・・。それにしても、ストックポイントは全体的に手数料体系がしょっぱいというか渋い気がしますね。



「1永久不滅ポイント=5円」、「1SP(ストックポイント)=1円」と換算できます。

  • 1永久不滅ポイント → 4SP

上記が交換レートですが、これを円に換算すると、

  • 5円 → 4円

となります、5円が4円になってしまうので、1÷5=20%の減価になります。
単に永久不滅ポイントからストックポイントに交換をするだけでこんなにも価値が減ってしまいます。

5円の価値がある1永久不滅ポイントなのに、4円の価値しかない4ストックポイントにしかなりません。

あまりに交換レートが悪くて驚きました。運用益で20%を叩き出すのは至難の業です、交換したタイミングで20%も減価するなんてありえないですね。

ということで、個人的に永久不滅ポイントを利用してストックポイントのサービスを利用することは暫くないでしょう。是非、この悪いレートを改善してほしいと思います。

参考として、ドットマネーからの交換ですと100マネーが95ストックポイントなので、5パーセントの減価で済みます。利用するサービスでレートが極端に異なるというのも納得感がないですね。