2014年2月18日火曜日

LEAPSの特徴 通常のオプションとの違い

LEAPSの特徴ですが、

・期間が6ヶ月以下となってからタイムディケイが加速する
・アットザマネーのLEAPSは原資産の株価が上昇しても、同じく上昇するとは限りません。(要は、アットザマネーのLEAPSは株価の上昇に出遅れるということです、デルタが低いからです)

※デルタ(Delta):原資産の価格変動に対する、オプション価格の変動率。
※アット・ザ・マネーのオプションは、通常0.5に近いデルタ値となることが多い

などがあります。

最近はLDS(リープスダイアゴナルスプレッド)を始めたので、LEAPSについても少し勉強をしています。基本は期限の長いオプションとの理解で良いと思いますが、少し通常のオプションと異なる特徴があるので注意が必要ですね。

特に、タイムディケイについては、ロングアームのオプションをローリングするタイミングを見極める意味でも大切です。
または、キャッシュセキュアードプットなどのプットの売りを含めたポジションを組む際にも利用できます。

長期のオプションを買うのであれば → 6ヶ月以上(6ヶ月以下になったらローリングを検討)
長期のオプションを売るのであれば → 6ヶ月以下

という感じですかね。

因みに、LEAPSは「Long-term Equity AnticiPation Securities」の頭文字で、満期までの残存日数が9ヶ月以上あるオプションがLEAPSです。


参考資料からの引用として、
The decay in their time value, for instance, exhibits slightly different characteristics, such as accelerating when they have only six months to expiration. Also, an at-the-money LEAPS option might not gain much value even for a sharp upward move in its underlying stock. Consequently, it is conceivable that the gain on a LEAPS option would be less than the loss on a short-term option you write against it, thereby losing you money for the period, even thought your stock went up.
(訳)タイムバリューのタイムディケイの実例として、少し異なった特徴がある、限月までの6か月を切ってから加速する。アットザマネーのLEAPSは原資産の株が上昇しても、同じく上昇するとは限りません。その結果、LEAPSのオプションから得られる利益がショートしているオプションの利益を下回ることが考えられます。それにより、その期間は損失となる、株が上昇したと思ったとしても。

参考にした本

<関連投稿>

カバードコール(キャッシュセキュアードプット)と高配当銘柄の組み合わせ
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put) 
【オプション】Covered Call(カバード・コール)って、最低投資額はいくら?いくら儲かるの?リターンは?
カバードコール(Covered Call)とは
オプショントレーディングならキャッシュ・セキュアード・プット(cash secured put)
プット・オプション(Put option)のデメリット・マイナス点
カバード・コールのまとめ
カバード・コール関連の本

<関連サイト>
マッタリ バリュー投資とカバード・コール(オプション戦略)

0 件のコメント: