2019年1月16日水曜日

新興国は割安なのか?


新興国は割安なのか?


私のポートフォリオは新興国のウェイトが高くなっています。

まあ、これは積極的にリターンを狙っているよりも、投資する国を分散をするためです。

ちなみに、リーマンショック以降、新興国のリターンは振るいま。米国株に大きく負けています。

トップのチャートは、「Vanguard FTSE Emerging Markets ETF (VWO)」の5年間のチャートです。なかなか高値を更新できずに、ダラダラとレンジを行き来しています。

価格が下落するたびに、新興国が割安だとの意見が出たりしていますが、なかなか株価が上がりません。

感覚的に、2017年後半くらいから「新興国が割安だ!」という意見が多く出るようになった気がします。
昨年は新興国株の指標であるMSCI新興市場指数が17%値下がりしたほか、ブルームバーグが調査する新興国24通貨のうち、タイ・バーツとメキシコ・ペソを除く全ての通貨が下落。世界的に成長が減速しつつある兆しや、米国の4回の利上げでドルに資金が集まったため、新興国市場の資産は敬遠された。
  新興国市場が最終的に回復するのはいつになるか、というのが19年の年明けにトレーダーや投資家が直面している大きな問題の一つだ。昨年1月の値下がり開始からストラテジストらは何度も回復を予想してきたが、そのたびに資産は安値を更新した。
割安だと言われている割に、価格が下落しています。

個人的には、中国とアメリカの貿易戦争もあり、新興国の株価が大きく上昇するのはもう少し時間がかかるのではないかと思っています。

だとして、国際分散投資をするという意味で、「Vanguard FTSE Emerging Markets ETF (VWO)」はストロングホールドするつもりです。


生産年齢人口などの定量的な要因で国の成長能力を評価しているところが参考になります。

2019年1月15日火曜日

JT(日本たばこ産業)の株主優待制度が変更 「1年以上継続保有が必要」が曲者


JT(日本たばこ産業)の株主優待制度が変更 「1年以上継続保有が必要」が曲者

JT(日本たばこ産業)の株主優待制度が変更されました。

2018年11月26日に告知がされており、タイムリーな記事ではありませんが、私がJTに投資をしているということもあり投稿をします。

変更の概要

変更の概要は以下になります。(正確にはJTの公式サイトを確認した方がいいと思います。)

  • 1年間継続保有が必要
  • 優待は12月の年1回(今は6月、12月の年2回)
  • 優待内容の金額がアップ

保有株数ごとの内容

優待制度の変更後には

  • 100株:2500円の内容
  • 200株:4500円の内容
  • 1,000株:7000円の内容
  • 2,000株:13500円の内容
になります。

「1年以上継続保有が必要」は要注意

一番の注意点は「1年以上継続保有が必要」になります。この条件は結構曲者ですね。最近は、色々な会社が長期保有を株主優待の条件にしてきているので、この流れは変わらなそうです。

要するに、3月末、6月末、9月末、12月末の年4回の株主名簿に載る必要があります!結構条件が厳しいと思います。

特に、「クロス取引」「貸株」をしている人は注意をして下さい。「1年以上継続保有が必要」の条件を満たせなくなる可能性があります。

優待狙いで投資をしている人は「クロス取引」「貸株」をしない方がいいと思います。

新制度の開始時期


新制度の開始時期は2019年12月末からになります。
  • 2018年12月:旧制度
  • 2019年 6月:旧制度
  • 2019年12月:新制度
2019年12月の株主優待をもらうためには、「1年以上継続保有が必要」となるため2018年12月から保有しないとなりません。

またその間に「クロス取引」「貸株」もしない方が安全です。

ということで、「2018年12月」に保有をしていて、「2019年12月」の株主優待を狙っている人は2019年1月から「貸株」の設定を外しましょう。「クロス取引」もしない方がいいですね。

株主優待芸人の桐谷さん、株主優待を活用すること自体に楽しみを見出している気がします。

2019年1月14日月曜日

IPO投資で現金(生活防衛資金)を効率的に運用

IPO投資で現金(生活防衛資金)を効率的に運用


下落相場に備えて一部の資産を現金で保有するというのは有効な投資戦略です。

有名なバフェット先生も「キャッシュ・イズ・キング(現金は王様)」ということで、資産を現金で保有しています。(バークシャーのマンガー先生も同じ考え方です。)

感覚的には、有名投資家のアドバイスなどは10~20%ほど現金を保有するというスタイルが多いと思います。

個人的にも現金を保有していると、下落相場で思わぬお宝株が拾えたりするので、ありだと思っています。

ただ、ひたすら現金で保有しているのも効率が悪いので、有効活用できないかと思い、色々と考えたのが「国際分散投資とIPO投資の併用」になります。

私も2~3か月ほど、利用しない用途の資金があると積極的にIPO投資をしています。

私は、SBI証券でIPO投資をしており「IPOチャレンジポイント」を貯めています。やっとこさ30ポイントが貯まりました。



※SBI証券では購入可能な現金を保有しているうえでIPOに落選するとIPOチャレンジポイントがもらえます。

ただ、IPO投資は非常に効率が悪い投資方法なので、他の投資方法(国際分散投資等)と併用するのがベストだと思います。

色々な意見があると思いますが、普通の個人投資家がIPOで多額の資金を効率よく運用するのは難しいでしょう。普通は、20~30万円で買ったIPOが35万円で売れて5万円儲かるみたいな運用になります。

私も、これを狙ったIPO投資をしています。5万円でも馬鹿にできません。

働いて5万円を稼ぐのは大変です!

節約で5万円稼ぐのは大変です!

ここでのポイントは20~30万円程度であれば非常に効率が良く運用できるけど、それ以上の資金がさばけないことです。

ちなみに、まとまった資金(1,000万以上ですかね)があるのであれば、IPO投資をメインにするよりも、国際分散投資をメインにした方が効率がいいと思います。

資金が少額(100~200万)とかであれば、ひたすら爆上げするIPOを狙うという戦略もありますね。例えば、100~200万円をIPOで2倍にして、500万円を超えたら国際分散投資に切り替えるなど。


IPO投資で有名な西堀 敬氏の本です。IPO投資をするのであればとても参考になります。

関連投稿

2019年1月13日日曜日

レイ・ダリオ氏の中国観 貿易戦争について

レイ・ダリオ氏の中国観 貿易戦争について


私の大好きなカリスマヘッジファンドマネージャー、ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏の中国観や貿易戦争への考え方が記事になっていたので紹介します。
ダリオ氏は「貿易戦争に今は相当な注目が集まっているものの、もっと重要なことは中国と米国が文化的なアプローチで競争をしていることだ。米国のアプローチは中国のアプローチに似ているというよりも正反対だ」と述べた。
「最も重要な事項」を7つ挙げた
  1. 「中国には長期にわたって自国にとってうまく機能してきた文化とシステムがあるため、それが大きく変わると想定するべきではない」
  2. 「米国も同じだ」
  3. 「こうしたシステム(および他の諸国のシステム)は競合および協調し、それがどの程度うまくいくのかが世界の状況に重要な影響を及ぼす」
  4. 「それぞれのシステムが実際にどの程度うまく機能するのかは、お互いがまとめた合意の条件よりも、それぞれの将来的な立ち位置にもっと大きな影響をもたらすため、いずれの国も自国の弱さを検証してそれらを是正するための改革を考案するのがよい」
  5. 「中国の著しい成果につながった同国の文化とアプローチに関しては大いなる尊敬がある」
  6. 「お互いを傷つけるのではなく、お互いから学び、お互いを高めるために協調および競争する方がよい」
  7. 「中国はわれわれが引き続き進化し投資する必要がある場所だ」 
凄く面白い考え方で勉強になりますが、非常に定性的な内容なので、この内容を投資戦略に落とし込むのは個人投資家には不可能かなと思いました。

レイ・ダリオ氏は歴史も好きなようですし、このような大局観的なアドバイスも多いですが、ちょっと個人投資家には参考にならないほど高度なことが多いです。

ちなみに、レイ・ダリオ氏の個人投資家へのアドバイスは「将来を予想することはできないので、幅広く分散して、リスクを抑えたポートフォリオを保有するように。」です。

まあ、個人的にも、中国の「金を出してあまり口を出さない」アプローチは多くの新興国(特に独裁国家)には魅力的な気がしますし、このアプローチが成功する可能性も多くあると思います。

アメリカのように「金も口も出す」というアプローチを好まない政治家は多そうです。


橘 玲さんの本の方が気軽に楽しく読めますね。投資とは直接関係ありませんが面白かったです。


レイ・ダリオ氏のオール・ウェザー・ポートフォリオが紹介されているところがとても参考になります。

2019年1月12日土曜日

世界から見た日本の生活必需品銘柄って? iシェアーズ グローバル生活必需品 ETF(KXI)が参考になる

生活必需品銘柄って?


巷では「ディフェンシブに運用するなら生活必需品銘柄に投資した方がいいよ、業績が安定しているよ」なんてアドバイスがあると思います。

でも、実際に日本株で生活必需品株ってどうやって調べたらいいのかわからない人もいるかと思います。

一つの方法としてETFの保有銘柄を参考にするという方法があります。(ファンドを参考にするという手もありますが、ETFの方が保有銘柄を調べるのが楽ですし、バランスもとれていると思います。)

個人的にも、本業からの収入がない主夫投資家なので、あまり値動きが激しいと精神衛生よろしくないこともあり、ディフェンシブ株は色々調べています。

iシェアーズ グローバル生活必需品 ETF(KXI)の日本株

iシェアーズ グローバル生活必需品 ETF(KXI)で保有している(組み入れている)日本株を調べてみました。

ちなみに、「iシェアーズ グローバル生活必需品 ETF(KXI)」は世界の生活必需品企業に分散投資をしているETFになります。凄くメジャーなETFなので、このETFの保有銘柄を参考にするのは安心できます。

要するに、「世界から見た日本を代表する生活必需品銘柄」ということになります。

生活必需品なので景気の影響を受けにくく、かつ連続増配をしている企業が多いのが特徴で、カテゴリーとしてはディフェンシブ株になります。
  • 4452 花 王
  • 3382 セブン&アイ・HLDGS
  • 2914 日本たばこ産業
  • 4911 資 生 堂
  • 2503 キリンHD
  • 8267 イオン
  • 2502 アサヒグループホールディングス
  • 2267 ヤクルト
  • 8113 ユニ・チヤ-ム
  • 2801 キッコーマン
  • 2269 明治ホールディングス
  • 2802 味 の 素
  • 2897 日清食品HD
安定成長かつ業績の変動が少ない企業が多いので、基本的にはグロース株が多い印象です。

個人的には、以下の企業に興味があります。
  • 4452 花 王
  • 2914 日本たばこ産業
  • 2503 キリンHD
  • 2502 アサヒグループホールディングス
  • 2802 味 の 素
それ以外にも業績が安定している会社が多いので、この一覧の会社に分散して投資するという戦略はありだと思います。

個人的に、高配当株への投資は精神的にリラックスして長期保有できます。特に主夫投資家で仕事からの収入がなくなると、配当が貰えるのはうれしいです。

2019年1月11日金曜日

【自己紹介】私の投資歴とプロフィール

【自己紹介】私の投資歴

長くブログを書いているのですが、自己紹介的なものを書いていませんでした。

個々の記事でちょろちょろと自己紹介や投資歴なんかを書いていたのですが、まとまった記事は書いていなかったので、私の投資歴を記事にします。

高校時代

高校生の時に何となく読んだ本で、株式と債券をリバランスするとフリーランチでリターンが得られるみたいな情報を得て、「なんてカッコいいんだ!ゲームとして面白そうだな~」と思ったのが資産運用を意識したきっかけです。

当時はあまり詳しくは調べませんでしたが、今思うとモダンポートフォリオ理論とかだったと思います。

大学時代

高校生の時から、大学生になってアルバイトができるようになったら株を買いたいとずっと思っていました。

大学時代にアルバイトでためたお金で念願の株を買いました。(ただ株ばかり買っていただけでなく、海外旅行をしたりとそれなりに散財していました。)

初めて投資した株は「大戸屋」でした。ファンダメンタル分析はしていませんでしたが、「どんなビジネスをしているか?株主優待はあるか?」はしっかりと調べていました。

株主優待で大戸屋にランチを食べに行ったのはいい思い出です。

初任給で日本株に全力投球

社会人になって自由な資金がたくさんできたら、ガンガン株を買いたいと思っていました。

それまでは資力がなかったので分散投資ができなかったのですが、社会人になったらしっかりと「株式・債券・コモディティー」で分散投資をしたいと考えていました。

ただ、初任給が入った時期に日本株が激安だったので、中小株のキャッシュリッチなバリュー株に投資をしました。

少しリスキーだとは思いましたが、初めに大きく増やせると後が楽になるかなと思い、日本株に一点集中しました。

これが上手にはまって、それなりに資産が増えました。(ただ運用額が少額だったので100万円が200万円といった程度ですが・・・)

リーマンショック前にETFでポートフォリオを組む

債券の利回りが5%近くあっても、まだ株が上がるという雰囲気にかなり危なさを感じていたので、このタイミングで個別株を全て売却してメジャーなETFに投資をしました。

ただ、ほとんど株式が100%のポートフォリオだったので、リーマンショックの下げは直撃してしまいました。

かなりの金額を失いましたが(評価額が下落)、メジャーなETFに投資をしていたので、あまり心配しないでホールドし続けることができました。(個別株に投資をしていたら、ここまで鈍感にホールドはできていなかったかもしれません。)

リーマンショック後に不動産を購入

自宅を購入しました。自己所有の不動産については賛否両論ありますが、ローンが終了した自己所有の不動産があると、精神的には落ち着いていられると思います購入を決めました。

リーマンショックの影響で不動産の価格が下がっており、買い手市場だったのも購入を決めた要因です。

オプションのトレーディングを開始

KAPPA氏の影響で始めたオプショントレーディングを本格的に開始しました。
レバレッジをかけて投資ができる点や、安定して現金収入が手に入る点がメリットだと思います。

ある程度の資産規模があるのであれば、オプショントレーディングを一部組み入れるのは面白いと思います。

ひたすら淡々とETFに追加投資

本当に特に書くことはないのですが、ひたすら淡々とETFに追加投資をしています。住宅ローンの返済と並行しながら節約をしつつ、ETFのリバランスを含めた買い増し愚直にしています。

求道的にストイックに「VB、VGK、VWO」に追加投資をしていました。
  • VB Vanguard Small-Cap
  • VGK Vanguard European
  • VWO Vanguard Emerging Markets
一部の資金で色々な投資をしていますが、私のメインの投資は「VB、VGK、VWO」のバイ・アンド・ストロングホールドです。

20~30年ほど「VB、VGK、VWO」を保有していればそれなりの金額になるんじゃないかと思っています。

2018年 アーリーリタイア(セミリタイア)して主夫投資家デビュー

2018年に主夫投資家になるまでは、サラリーマンとして普通に働いてました。2018年に資産がある程度貯まったので、アーリーリタイア(セミリタイア)をして主夫投資家になりました。

また、2018年に不動産のローンが終了したの主夫投資家になる決断をする後押しになりました。住宅ローンが完済しているというのは精神的にかなり楽です。

住宅ローンが完済した自己所有の不動産があるので、日本株の比率を下げて、株式メインのポートフォリオに投資ができているのだと思います。

プロフィール

  • 男性
  • 2019年時点で30代後半
  • 主夫投資家(世間的には無職・・・)

私の人生の目的は「幸福」になることです。
幸福であるためには自立していることが大切であり、自立を助けてくれるツールが資産運用だと思っています。
働く以上に楽しいことはとても沢山あります、アーリーリタイアして毎日がワクワクしています。

2019年1月10日木曜日

大麻(マリファナ)ETF「ETFMG Alternative Harvest ETF(MJ)」の紹介


大麻(マリファナ)ETF「ETFMG Alternative Harvest ETF(MJ)」の紹介


ETFMG Alternative Harvest ETF(MJ)は大麻関連企業で構成されたETFになります。

世界の取引所に上場されていて、医薬やたばこ関連でマリファナビジネスを行っている30社の株価に時価総額連動するETFになります。

上位10社の内、8社がカナダ企業、1社が英国企業、1社が米国企業となります。


ETFの概要


  • ティッカー:MJ
  • 経費率:0.75%
  • 設定日:2015/12/3
設定日は2015年と意外と古いですね。
長期投資のメインの投資先としては心細いかもしれませんが、サテライト戦略の一部として保有するのであれば問題ないと思います。

経費率も0.75%と安くはありませんが、この手の珍しい投資対象に分散投資をするETFとしては良心的だと思います。
そもそも、大麻(マリファナ)産業自体がかなりボラティリティが高くリスクも大きいので、分散投資されたETFは貴重ですね。いきなり個別銘柄に投資をするよりも、多少費用がかかっても分散されたETFの方がいいと思います。


大麻(マリファナ)解禁の状況

2018年1月1日、米国カリフォルニア州で大麻の販売が始まったりしてアメリカでは大麻(マリファナ)解禁が加速しています。

良くも悪くもアメリカではすでに大麻(マリファナ)が広く利用されています、合法化された場合には一大産業になるのではないかと言われています。

2年間チャート(2019年1月10日時点)



  • 青:ETFMG Alternative Harvest ETF(MJ)
  • 水色:S&P500

S&P500(水色)と比較したETFMG Alternative Harvest ETF(MJ)(青)のチャートになります。
かなり値動きが激しいですが長期で見るとS&P500に似た動きをしているようです。

ちなみに、2019年1月10日時点の配当利回りは2.23%となっています。

高配当ではありませんが、株価がバブルになっている状況ではなさそうです。

そこそこ価格も落ち着いてきているようなので少額で投資を検討しているのであれば購入をしてもいい水準かもしれません。

組み入れ上位銘柄

名称:ファンドの割合

  1. CRON(クロノス・グループ):13.28%
  2. WEED(キャノピー・グロース):6.79%
  3. ACB(オーロラ・カンナビス):6.58%
  4. Tilray Inc:6.11%
  5. CRBP(コーバスファーマシューティカルズホールディングス):4.49%
  6. OGI(オーガニグラム・ホールディングス):4.40%
  7. HEXO Corp:4.19%
  8. Green Organic Dutchman Holdi:4.03%
  9. CannTrust Holdings Inc:3.57%
  10. GW(ファーマシューティカルズ):3.36%

関連投稿