2018年3月31日土曜日

【端株優待】2017年12月 アウトソーシングは端株優待あり アンケート回答 抽選で図書カード500円

【端株優待】2017年12月 アウトソーシングは端株優待あり アンケート回答 抽選で図書カード500円

端株優待とは、端株を持っているだけで何かが貰える株のこと。

2017年12月の、アウトソーシング (2427)は端株優待がありました!

2018年3月29日に資料が届き、端株優待に関する記載がありました。

  • アンケートに回答をすると抽選で図書カード500円分が当たる
という内容です。

早速アンケートに回答をしました、だいたい2~3分で終わる簡単なアンケートです。また、お返しを貰うには最後にメールアドレスの登録が必要です。

図書カードはクオカードよりも換金率が低いです。正直、クオカードの方が嬉しいのですが贅沢は言えないですね。


アウトソーシングは、人材派遣の会社でトレンド感もあり割高な株価です。

ここ5年で見ると株価は急上昇していますが、直近では下落をしています。私はバリュー投資の方が好きなので通常の投資対象にはなりません。端株優待狙いの1株保有を継続します。

トレンド感があって成長をしている中小株は値動きが荒いので注意が必要です。私はあまり近寄らないようにしています。


2018年3月30日金曜日

【端株優待】2017年12月 MonotaROの端株優待はなし

【端株優待】2017年12月 MonotaROの端株優待はなし

端株優待とは、端株を持っているだけで何かが貰える株のこと。

2017年12月の、MonotaRO (3064)の端株優待はありませんでした。

2018年3月29日に資料が届きましたが、端株優待に関する記載はありませんでした。

端株優待を実施している会社の場合、通常このタイミングでアンケートなどが送られてきます。

ネットの不確かな情報で、アンケートに回答すると抽選でクオカードが貰えるとの記事があったのですが、今回は不発でした。


MonotaROは、事業者向け工業用間接資材の通信販売会社です。順調に成長をしているので株価も割高になります。

ここ5年の株価は伸び悩んでいます、もう少しバリエーションが割安であれば投資するのも面白そうな会社だと思います。

2018年3月28日水曜日

主夫投資家を目指す


主夫投資家を目指す

働きたくない男子は投資をしよう 「男が働かない、いいじゃないか!」を読んで

上記の記事が思いのほかアクセスがあったんですよね。

投資マニアは「主夫」に理解があるのかもしれません。

ということで、今回は「主夫」について書いてみたいと思います。

実は、私は早く「主夫」になりたいなと考えています、というか目指しています。

正直、資力だけで考えれば「主夫」という選択もできそうです。ただ、いきなり会社を辞めるのは難しいので色々と計画をたてないといけません。

晴れて「主夫投資家」になったらまた報告します。

私の場合は、主夫&投資家になります。主夫をしつつ、投資でお金が稼げればベストです。

主夫投資家に必要な条件

  • 家族(妻)の理解
  • 見栄、世間体
  • それなりの金融資産
  • 住宅
主夫投資家に必要な条件を考えてみました、「それなりの金融資産」「住宅」なんかはわかりやすいですね。

一定の条件をクリアーすればあまり悩む必要はありませんし、判断も簡単です。

「それなりの金融資産」ですが、個人個人の状況に大きく左右されますが、2,000~3,000万円を超えたあたりから、「主夫投資家」を検討してもいいかと思います。
5,000~6,000万円があれば、投資できる期間と相談しつつ本格的な検討ができると思います。(妻が正社員などで働いていれば一気にハードルが低くなるのではないでしょうか。)
憶り人、1億円があればすぐにでも主夫投資家になってしまっていいんじゃないでしょうか。

「住宅」ですが、住宅ローンを完済した不動産があると心強いですね。賃貸ですと毎月のキャッシュアウトがあるので、資産運用でストックが多くても資金繰りが厳しいタイミングがあるかもしれません。
また、マンションの場合は個人の判断で資金計画をたてにくいのがデメリットです。戸建であれば自身の都合のみで資金計画をたてられるメリットがあります。

逆に、「家族(妻)の理解」「見栄、世間体」は感情面の要素なのでなかなか判断に苦しむかもしれません。(私の場合は、妻は理解がありますすし、見栄や世間体はあまり気にしないので、この点はクリアーしています。)

「それなりの金融資産」と「住宅」について、ある程度の目途がたてば主夫投資家への道が大きく開けると思います。


男だから、男だけがストレスフルに働く必要はありません。


いきなり無職になるのではなく、減速してパートとかをするのは合理的です。

2018年3月25日日曜日

【端株優待】2017年12月 株式会社クラレの端株優待はなし

【端株優待】2017年12月 株式会社クラレの端株優待はなし

端株優待とは、端株を持っているだけで何かが貰える株のことです。

2017年12月の、クラレ (3405)の端株優待はありませんでした。

2018年3月24日に資料が届きましたが、端株優待に関する記載はありませんでした。

端株優待を実施している会社の場合、通常このタイミングでアンケートなどが送られてきます。

ちなみにクラレは端株優待を実施している会社として有名です。12月では端株優待はありませんでしたが、たぶん6月に端株優待が実施されると踏んでいます。

私は2017年6月にクラレの端株優待で、ミラバケッソのぬいぐるみを貰いました。(あまり魅力的な優待ではないですね・・・)

長期保有で、6月の端株優待にチャレンジをします。



バリュエーションは、あまり割高ではないので通常の投資としてもありだと思います。配当利回りもそこそこ高いので、長期保有で配当を貰うというのもいいでしょう。

(個人的には事業内容が景気に大きく左右されるので本気で投資をしたい会社ではないですが。)

また、通常の株主優待は1,000株以上(現在の株価は1,689円なので170万円が必要)で3,000円のカタログギフトという、激渋な内容です。

まあ、株主優待目当ての投資という意味では、全然魅力がないですね。

2018年3月24日土曜日

【端株優待】2017年12月 コスモ・バイオ株式会社の端株優待はなし

【端株優待】2017年12月 コスモ・バイオ株式会社の端株優待はなし

端株優待とは、端株を持っているだけで何かが貰える株のことです。

2017年12月の、コスモ・バイオ (3386)の端株優待はありませんでした。

2018年3月24日に資料が届きましたが、端株優待に関する記載はありませんでした。

端株優待を実施している会社の場合、通常このタイミングでアンケートなどが送られてきます。

ネットの不確かな情報で、コスモ・バイオ のに端株優待にチャレンジしてみましたが、ダメでした。

端株優待は不定期だったり、突然実施されなくなったりするので注意が必要です。

もうしばらく保有をして、今後端株優待が実施されないか試してみるつもりです。



バリュエーションは投資がしにくい感じですね。
PERが高くて、PBRが低いのは典型的なバリュー系ですが、玄人向きの株です。
このような、難しいバリュエーションで難しい業種に投資をするのは難易度が高いと思います。

2018年3月4日日曜日

2018年2月28日 「日本毛織株式会社(ニッケ)」から株主優待のクオカード500円分が届く

2018年2月28日 「日本毛織株式会社(ニッケ)」から株主優待のクオカード500円分が届く

2018年2月28日に、「日本毛織株式会社(ニッケ)」から株主優待のクオカード500円分が届きました。

11月末日に100株以上を保有していると500円分のクオカードが貰えます。

このクオカードはニッケのデザインがあしらわれている特製クオカードになります。

金券ショップなどで換金をしようとすると、換金額が減額される可能性があるので要注意です。
(特製デザインのクオカードは一般的に汎用性が低くなるので買いたたかれることが多いです、時間があれば何件か金券ショップをはしごして一番減額が少ないお店を選ぶのがいいと思います。)

正直、特製のクオカードは有難迷惑で、普通のデザインのクオカードをくれればいいのにといつも思います。

「ニッケ」について

ちなみに、「日本毛織株式会社」は「ニッケ」の通称で親しまれており、株主優待界隈では有名です。

5月と11月に株主優待が貰える貴重な会社です。

また、クオカードという非常に換金性が高くて、現金に準ずる株主優待を出してくれるところもポイントが高いです。

こういった、ニッケのような銘柄をポートフォリオに加えておくと、毎月株主優待が貰えるようになり、結構楽しいんですよね。