2011年8月6日土曜日

低ボラティリティー株式運用

2009年の論文ですが「低ボラティリティー株式運用」という資料を発見しました。

http://www.saa.or.jp/journal/prize/pdf/2009yamada.pdf

詳しくは論文を読んでいただきたいと思いますが、

要点として
「各国株式市場で低ボラティリティー株式の高リターン・アノマリー(高ボラティリティー株式の低リターン・アノマリー)が存在しているとのこと。」

低ボラティリティーの方がリターンが高いとのことです。

バリュー投資の指標(PER,PBR)による要因もあるとは思いますが、個人的には「大きく下がった銘柄が元の価格まで回復するのは非常に大変である」という要因もあるのではないかと考えています。

その点、バリュー投資やCoverd Call戦略はボラティリティーを減らすという意味でも有効ではないのかと思っています。

0 件のコメント: