2009年4月25日土曜日

RUSSELL/NOMURA 大型バリュー 医薬品



日本株への投資を検討している、TOPIXのETFでも良いのだが手数料もかかるし、長期でETFが存続するかの問題もあるので正直迷っている。

投資のリターンについては長期でインデックスと同程度のリターンが上げられれば良いと考えているのでインデックスETF+個別銘柄を考えている。

大型バリューは小型バリューよりも銘柄によるリターンのブレが少ないこと、長期的にみて医薬品銘柄のリターンが優れていることを考慮して投資を検討している。

銘柄名:予想PER(連結・倍):PBR(連結・倍):予想配当利回り(%)

協和発酵キリン:36.1:0.86:2.45

田辺三菱製薬:19.7:0.81:2.94

小野薬品工業:20.3:1.24:4.35

大正製薬:88.0:1.10:1.51

第一三共:-:1.00:4.75



武田薬品工業:13.4:1.25:5.16(参考)


こうみると、業績が悪く予想PERが落ち込んでいる銘柄とそうでない銘柄がある、本来のバリュー投資であればPBRを基準に見て行くので、田辺三菱製薬などは面白いとおもう。ただ業界きっての優良企業の武田薬品工業のバリュエーションも前から比べるとずいぶんと割安になっているので下げ相場で優良企業を拾うのも悪くないかもしれない。




インデックスの構成については
http://qr.nomura.co.jp/jp/frcnri/
で公表されてます。








2 件のコメント:

トニャムジュヌビエーブ さんのコメント...

製薬は中・長期でもいいし(高齢化社会で需要増、買収対象になりやすい)
短期でもよさそうだね(低PBR、豚インフルなど新型インフル懸念、)

ishippon さんのコメント...

医薬品は良いと思う、メキシコで豚インフルが炸裂してるね。アジアが発信源になると思ったがメキシコだとは思わなかったよ