2013年2月6日水曜日

「Coastwise Capital Group」の紹介 カバードコールについてのインタビュー

「Coastwise Capital Group」のインタビュー記事を紹介します。

詳細については、「Coastwise Capital Group Interview」を見てください。
Born to Sell」はいつも面白い記事が紹介されているので要チェックです。

「Coastwise Capital Group」はカバードコール戦略を採用している運用会社です。
「The Power Curve: Smart Investing Using Dividends, Options, and the Magic of Compounding」という本も出版しています。

カバードコールと配当を重視した運用方法とのことです。
以下に、特に参考になった箇所を抜粋します。
長期的な資産運用の場合、期間が長く、ストライクプライスから離れたアウトオブザマネーのコールを売ることで、キャピタルゲインを得る余裕を確保します。
インカムゲインに重点を置いた運用では、期間が短く、ストライクプライスに近いコール(インザマネーの場合もある)を売ります。
このあたりの考え方は、カバードコールを採用しているファンドには共通していますね。
キャピタルゲインを狙うのであれば、アウトオブザマネーのコールをショートするのが一般的です。
インカムゲイン(オプションからのプレミアム)をメインにするならば、アットザマネーの1~2ヶ月を取引するのが効率的でしょう。
オプションの期間について、インカムゲインを中心とするなら、30~60日。たまに、市場の状況により1~2週間のトレードも行う。長期運用の場合は、3~4ヶ月の期間のオプションを利用します。
参考になる考え方ですね、本などを読んでも1~2ヶ月、3~4ヶ月とバラバラです、どれが絶対に良いという指標はないのでしょう。
個人的には、コールは流動性があるので1~4ヶ月でも取引できると思います。
プットは流動性があまりないので3~4ヶ月は厳しいのではないかと思います。

それ以外にも、カバードコールしている株の株価が大きく下がった時の対応など、参考になるインタビューがあります。(株価が大きく下落しても、オプションが行使されたら損になるストライクプライスでコールをショートすることはないとのことです。)

関連投稿は、カバードコールを利用しているファンドについて調べた記事になります。

<関連投稿>
バリュー&カバード・コールで運用するファンド 「Neiman Large Cap Value Fund's」
「Van Hulzen Asset Management」の紹介 カバードコールを採用しているファンド

<参考にしている本>
 
kindleで買うのが最もコストパフォーマンスが良いでしょう!

0 件のコメント: